検索結果

「#部品」の検索結果

水素ステーション用のTYPE Ⅰ鋼製蓄圧器にシームレス鋼管を採用【新日鐵住金】

2017年2月16日 ㈱日本製鋼所が水素ステーション用のTYPE Ⅰ鋼製蓄圧器に新日鐵住金㈱和歌山製鉄所製のシームレス鋼管を採用 ㈱日本製鋼所(以下、日本製鋼所)は、従来より燃料電池車(FCV)に水素を供給する水素ステーション用の高容量鋼製蓄圧器として高強度鋼を選定し、高耐久化加工技術を確立したTYPE Ⅰ鋼製蓄圧器...

3Dプリンターを用いた自動車部品にSinterline®技術とMMI Technyl® Designサービスを適用【ソルベイスペシャルティポリマーズジャパン】

2016年11月14日 日本・東京 2016年11月14日 – 先進的なポリアミドソリューションの世界的リーダーであるソルベイは、機能性部品の製造用途に向けて、予測シミュレーション・プラットフォームであるMMI® Technyl® Design1を活用したSinterline® Technyl®ポリアミド6(PA6)製品を強化します。実証済みの射出成形技術を活...

船舶用鋳鍛鋼部品における新技術・製品について【神戸製鋼所】

2016年10月5日 世界で唯一、大型から小型までのスロー部材の成形における認証取得と「予熱レス高強度鋳鋼」の開発 当社は、船舶用クランク軸の主要部材であるスロー※1の製造方法において、従来法より疲労強度を約20%向上させる「型入れ鍛造法※2」(2014年当社開発済)を用いて、世界最大クラスのコンテナ船・タンカー...

3次元熱間曲げ角型鋼管による自動車ボディ骨格部品を新たに開発【新日鐵住金】

2016年8月4日 新日鐵住金㈱(以下、新日鉄住金)、日鉄住金鋼管㈱(以下、日鉄住金鋼管)、㈱エイチワン(以下、エイチワン)は共同で、自動車軽量化の画期的技術である角型鋼管による3次元熱間曲げ焼入れ(Three-Dimensional Hot Bending and Direct Quench 以下、3DQ)技術を用いて、自動車のボディ骨格部品であるフ...

Sinterline® Technyl® PA6粉末材料 3Dプリント技術でPolimotor 2を促進【ソルベイスペシャルティポリマーズジャパン】

2015年12月11日 Sinterline® Technyl® PA6粉末材料3Dプリント技術でPolimotor 2を促進 選択的レーザー焼結(SLS)加工用に開発されたソルベイのSinterline®技術により、3Dプリンターで射出成形品に匹敵する性能のプレナムチャンバーを実現 リヨン、2015年12月11日 – 最先端のポリアミドソリューションでのグローバル...

JTEKT Thailand Co. Ltd ステアリング部品生産新拠点について【ジェイテクト】

2015年9月29日 ㈱ジェイテクトは、タイ国内自動車部品生産拠点JTEKT Thailand Co. Ltd(JTC)において、新工場を立上げステアリングシステムのインターミディエイトシャフトで使用するクロスとシェルベアリングの現地生産を開始いたしました。 従前は、インターミディエイトシャフトで使用するクロスとシェルベアリン...

「ポリメタック®」が自律型無人航空機の軽量骨格部品に採用【三井化学/エアロセンス】

2015年8月24日 「ポリメタック®」がエアロセンス社の自律型無人航空機の軽量骨格部品に採用~金属樹脂一体化技術の活用により、少部品点数&軽量なシンプル構造を実現~ 三井化学㈱(東京都港区、代表取締役社長:淡輪敏)の金属樹脂一体化技術ポリメタック® が、エアロセンス㈱(東京都文京区、代表取締役社長:谷...