検索結果

「#AI」の検索結果

バーチャルメカニクスがビデオ・画像データ内の 個人情報を保護できるソリューションを ドイツbrighter AIと組んで国内で事業化

2022年2月28日    バーチャルメカニクスがビデオ・画像データ内の 個人情報を保護できるソリューションを ドイツbrighter AIと組んで国内で事業化 3月に新事業化開始 ~改正個人情報保護法、GDPR等の規制への対応~    自動車技術開発やADAS・自動運転開発のソリューションを展...

東陽テクニカ製、EMI 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載の AI 解析技術で特許を取得

2022年2月24日    東陽テクニカ製、EMI 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載の AI 解析技術で特許を取得     株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野 俊也、以下 東陽テクニカ)は、自社開発の EMI※1 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載して...

会話するドライビングパートナー「NP1」を新発売【パイオニア】

2022年2月10日    会話するドライビングパートナー「NP1」を新発売 ードライビングパーソナル音声AIを搭載し、「音声」と「通信」による新しいドライブ体験を実現ー ~OTAにより機能を追加する新発想の進化型デバイス~    パイオニアは、「音声」と「通信」でドライブ環境を革...

自動運転AIチャレンジ2022(インテグレーション) 参加者エントリー開始【自動車技術会】

2022年3月7日    自動運転AIチャレンジ2022(インテグレーション) 参加者エントリー開始    2019年3月に第1回を東京大学生産技術研究所附属千葉実験所(東京大学 柏キャンパス)で開催した自動運転AIチャレンジは、第4回目を迎えます。 第2回と第3回は、全てオンラインで実...

高精度AIモデルでエンジン部品研削加工工程の品質保証を実現 SUBARUの量産ラインで本格稼働開始

2022年2月9日    高精度AIモデルでエンジン部品研削加工工程の品質保証を実現 SUBARUの量産ラインで本格稼働開始     株式会社SUBARU(注1、以下 SUBARU)は、富士通株式会社(注2、以下 富士通)と共同で開発してきた、エンジン部品加工工程における研削加工の品質を高精度に...

【AI で人身事故防止】360°人の接近を警告するフォークリフト用モニターシステム「人身事故防止AIカメラシステム Q7」を発売【INBYTE】

2022年1月12日    【AI で人身事故防止】360°人の接近を警告するフォークリフト用モニターシステム 「人身事故防止AIカメラシステム Q7」を発売 独自のAIアルゴリズム技術により人を認識し、危険な状況をモニター画面とブザー音で知らせ、作業現場の事故などを抑止する、後付け可能な「人身...

ITS Connectが路側インフラのAI化に貢献【ITS Connect推進協議会】

2022年1月6日    ITS Connectが路側インフラのAI化に貢献 -第19回ITSシンポジウム2021で発表 実証実験の成果報告で-    ITS Connect推進協議会(所在地:東京都港区 代表幹事:山崎 大 以下、当協議会という)では、安全運転支援システムを通じて安心・安全な交通社会を実現...

NEC、5GやAI、4Kカメラ映像などの先進技術を活用し、交差点の交通状況測定やインシデント検知に向けた実証実験を開始

2022年1月6日    NEC、5GやAI、4Kカメラ映像などの先進技術を活用し、 交差点の交通状況測定やインシデント検知に向けた実証実験を開始    NECは5GやAI、4Kカメラ映像などの先進技術を活用して、高精細な交差点の映像を5GとMEC(エッジコンピューティング)を用いて低遅延で伝送し...

第3回自動運転AIチャレンジ 結果発表【自動車技術会】

2022年1月28日    第3回自動運転AIチャレンジ 結果発表    公益社団法人自動車技術会(会長 寺師 茂樹)は、第3回自動運転AIチャレンジの結果を発表しました。 第3回自動運転AIチャレンジはオンライン上のシミュレーション競技として、2021年11月2日から12...

ストラドビジョンの物体認識AIソフトウェアがLGエレクトロニクスの先進運転向けカメラシステムに採用

2021年12月13日    ストラドビジョンの物体認識AIソフトウェアが LGエレクトロニクスの先進運転向けカメラシステムに採用 先端技術によって、高いレベルのドライビングセーフティを実現    先進運転支援システム(ADAS)や、自動運転車両向けの物体認識AIソフトウェア『SVNet...