検索結果

「#川崎重工業」の検索結果

「技術研究組合 産業用ロボット次世代基礎技術研究機構」を設立

2020年8月7日 「技術研究組合 産業用ロボット次世代基礎技術研究機構」を設立―産業用ロボットのさらなる普及に向けて基礎技術研究基盤を強化― 川崎重工業株式会社(代表取締役社長執行役員:橋本康彦)、株式会社デンソー(取締役社長:有馬浩二)、ファナック株式会社(代表取締役社長:山口賢治)、株式会社不二越(...

バッテリー交換式電動二輪車 実証実験「eやん OSAKA」と連携

2020年8月19日  本田技研工業株式会社、川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社の4社が、日本国内における電動二輪車の普及を目的に設立した「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム(以下、コンソーシアム)」は、2020年9月より大阪府内で行われる交換式バッテリー電動二輪車実証実験「e(...

自律型無人潜水機(AUV)による海底パイプライン近接検査の実証試験に成功【川崎重工業】

2020年7月15日 川崎重工は、兵庫県淡路島沖で、自律型無人潜水機(AUV: Autonomous Underwater Vehicle)による海底パイプライン近接検査の実証試験に成功しました。 当社は、Oil & Gas分野での海底パイプラインのメンテナンス需要の増加に着目し、長年培ってきた潜水船関連と産業用ロボットの技術を融合した、...

朝日航洋株式会社向け「川崎式BK117C-2型ヘリコプター」を受注【川崎重工業】

2020年7月20日 川崎重工は、朝日航洋株式会社より「川崎式BK117C-2型ヘリコプター」を受注しました。本機は、ドクターヘリとして運用される予定です。 「川崎式BK117ヘリコプター」(以下、BK117)は、当社と欧州のヘリコプターメーカーのエアバス・ヘリコプターズ社が共同開発し、国産ヘリコプターとして初め...

「H145//BK117 D-3」が欧州での型式証明を取得【川崎重工業】

2020年7月6日 「Copyright Airbus Helicopters/Anthony Pecchi」 川崎重工とエアバス・ヘリコプターズ社が国際共同開発を進めておりましたBK117ヘリコプターシリーズの最新型「H145//BK117 D-3」(以下、D-3)の開発が完了し、EASA(欧州航空安全局)から型式証明※を取得しました。日本の国土交通省航空局による型式...

ばら積運搬船「GREEN GENIE」の引き渡し【川崎重工業】

2020年7月2日 ばら積運搬船「GREEN GENIE」 川崎重工は、本日、中国遠洋海運集団有限公司と共同運営している南通中遠海運川崎船舶工程有限公司(NACKS、中国南通市)において、MK CENTENNIAL MARITIME B.V. (エムケー センテニアル マリタイム ビーブイ)向け61型ばら積運搬船「GREEN GENIE (グリーン ジーニー)」...

超高速旅客船「セブンアイランド結(ゆい)」を引き渡し【川崎重工業】

2020年6月30日 川崎重工は、本日神戸工場において、25年ぶりに建造した超高速旅客船(川崎ジェットフォイル)「セブンアイランド結(ゆい)」を共同発注者である東海汽船株式会社と独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構に引き渡しました。 本船は、7月13日より東京竹芝と伊豆諸島間を中心とした航路の旅客輸送...

ばら積運搬船「ULTRA VISION」の引き渡し【川崎重工業】

2020年6月30日 ばら積運搬船「ULTRA VISION」 川崎重工は、本日、中国遠洋海運集団有限公司と共同運営している大連中遠海運川崎船舶工程有限公司(DACKS、中国大連市)において、MK CENTENNIAL MARITIME B.V. (エムケー センテニアル マリタイム ビーブイ)向け61型ばら積運搬船「ULTRA VISION (ウルトラ ヴィジョ...

「カワる、サキへ。」ショートムービー『モーターサイクル篇』公開【川崎重工業】

2020年7月1日     川崎重工は、2020年7月1日(水)より、コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにしたショートムービー『モーターサイクル篇』を公開します。 当社はこれまでも、救急医療をテーマにした『ドクターヘリ篇』、エネルギーをテーマにした『ガスタービン/ガスエン...

「モンスター・エナジー・カワサキ」のイーライ・トマック選手が、 AMAスーパークロス選手権でチャンピオン獲得【川崎重工業】

2020年7月8日    川崎重工のアメリカ現地法人「Kawasaki Motors Corp., USA(KMC)」が擁するレーシングチーム「モンスター・エナジー・カワサキ」に所属するエースライダーのイーライ・トマック選手が、2020年度AMAスーパークロス選手権450SXクラスにおいて、悲願のチャンピオンを獲得しました。 AMAスーパ...