検索結果

「#自動車メーカ」の検索結果

ボーイング777型機中央翼の生産累計機数1,000機を達成【富士重工業】

2011年12月1日 富士重工業は、ボーイング民間航空機会社(米国ワシントン州シアトル、ジェームス・アルボー社長兼CEO、以下「ボーイング社」)向けに、ボーイング777 型機 1,000号機の中央翼を11月30日に出荷しました。1993年7月に初号機を出荷してから18年4ヶ月での記録到達となります。富士重工業は、ボーイング777 ...

「日産リーフ」、2011-2012日本自動車殿堂カーオブザイヤーと 2011-2012日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤーを受賞【日産自動車】

2011年12月1日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、「日産リーフ」が特定非営利活動法人「日本自動車殿堂」が主催する「2011-2012日本自動車殿堂カーオブザイヤー」と「2011-2012日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」を受賞したと発表しました。 「日産リーフ」 「日本自動車...

「マツダ デミオ 13-SKYACTIV」が「2011~2012日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー」を受賞【マツダ】

2011年12月01日 NPO法人日本自動車殿堂が主催する「2011~2012日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー」が本日公表され、マツダ㈱(以下、マツダ)が本年6月に発表した新型「マツダ デミオ」の「SKYACTIV-G 1.3」エンジン搭載車および開発グループが、同賞を受賞しました。 「マツダ デミオ 13-SKYACTIV」 「カ...

「SUBARU BRZ」を公開【富士重工業】

2011年11月30日 富士重工業は、第42 回 東京モーターショー2011*に、「SUBARU BRZ(参考出品)」を世界で初めて公開します。SUBARU BRZ は、トヨタ自動車株式会社との共同開発のもと、誰もがクルマを操る愉しさと悦びを感じることのできる、水平対向エンジンFRレイアウトのスポーツカーです。「Pure Handling Delight ...

次世代革新技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を発表【本田技研工業】

2011年11月30日 ~今後3年以内に各カテゴリーで燃費No.1を目指す~ Hondaは、四輪の次世代革新技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の概要を本日発表しました。 「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」とは、エンジンなどの内燃機関やトランスミッションの効率向上やモーターなどの電動化技術の...

次世代電動スモールスポーツコンセプトモデル「EV-STER」を世界初披露【本田技研工業】

2011年11月30日 Hondaは、12月3日(土)から11日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターショー2011」に、次世代電動スモールスポーツコンセプトモデル「EV-STER(イーブイ スター)」を世界で初めて展示します。 EV-STERは、後輪駆動方式の電動2シーターオープンスポーツカーで、躍動感のある先進...

新型「プリウスPHV」の受注を開始【トヨタ自動車】

2011年11月29日 —EV走行距離26.4km*1、プラグインハイブリッド燃費61.0km/L*1を実現— TOYOTAは、全トヨタ販売店(全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店)を通じて、本日より、家庭用電源などから充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の新型「プリウスPHV」の受注を開始する。発売は、201...

「インターナビ・リンク」のソーシャル機能強化に向けた「dots」プロジェクトを開始【本田技研工業】

2011年11月28日 Hondaは、「インターナビ・リンク※1」の情報ネットワークを活用し、新たなソーシャル機能の強化に向けた取り組み「dots(ドッツ)」プロジェクトを2011年12月より新たに展開します。 「dots」とは、「design our transportation story」の略で、Hondaのインターナビ・システムを通じて収集した情報と、...

東京モーターショーに「86(ハチロク)」を出展【トヨタ自動車】

2011年11月27日 TOYOTAは、11月30日(水)から12月11日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第42回東京モーターショー2011に、2012年春に発売予定の小型FRスポーツ「86」のプロトタイプモデルを出展する。 「86」は今一度、クルマの夢や楽しさをお客様に提供したいというトヨタ自動...

マツダ、乗用車用として世界で初めてキャパシターを採用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」を開発【マツダ】

2011年11月25日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシターを採用した減速エネルギー回生システム『i-ELOOP』(アイ・イーループ)を開発し、2012年から市販車に搭載します。キャパシターは、大量の電気を素早く充放電でき、繰り返し使用しても劣化が少ない特徴をもちます。『i-EL...