ニュース

アジア太平洋地域における自動車のカラートレンド予測を発表【BASFジャパン】

2014年7月1日

■ 最新カラートレンドのテーマは「Under the Radar」(アンダー・ザ・レーダー:まだ見えないシグナル)
■ アジア太平洋地域は、ブラウン系が定着し、温かみのあるカッパー(銅褐色)やグレー系など情緒的なカラーが人気の傾向
■ 二輪車では、古色を帯びた鉄のような色や味わいのあるメタリックカラーも登場


BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、2~3年先のアジア太平洋地域を含む世界のカラートレンド予測を発表しました。これは、 BASFのコーティングス事業部の グローバルデザインチームが毎年、グローバルと各地域(アジア太平洋 / 北米 / 欧州)の2つの視点から時代の流れを読み解き、自動車のカラートレンドを予測しているものです。

世界共通のカラートレンド
最新のカラートレンド予測の世界的なテーマである「Under the Radar」(アンダー・ザ・レーダー:まだ見えないシグナル)とは、レーダーにまだかからないトレンドの芽となるシグナルを表現しています。昨今、世界中の人々は独自性を尊重し、社会において自分の考えや行動がますます影響力を持つようになっていると認識しています。これに伴い、自動車のカラーの選択は、「他者との差別化」や「個性」に対する消費者のニーズの高まりを反映し、今後の自動車のカラーバリエーションを豊かにしていきます。

アジア太平洋地域のカラートレンド
アジア太平洋地域の人々の価値観にも2つの傾向が見受けられます。ひとつは、「私も」(me too)という他者と同調的な姿勢や行動に変化が見られ、より自らのアイデンティティや独自性を育み、自分を「表現する」方向に移り変わっています。これらの価値観を表現する色として、 「個」を表現するような「鮮やかな赤」など明るく、力強い色が今後も継続して拡大するでしょう。

一方で、人々は新しい、感性に訴えるような経験を望んでおり、その関心は表面的なものからより深く精神的なものへと移行しています。自分のルーツや文化、アイデンティティを見直し、長い年月をかけて、物質主義から、より情緒的でバランスのとれた快適な生活を追求するようになりました。これらを表す色として、穏やかで、温かみがあるカッパー(銅褐色)やグレー系、ブラウン系が挙げられます。ゆとりやバランスのとれた快適な生活を表現する傾向があります。

BASFジャパン㈱でアジア太平洋地域のカラーデザインを担当するチーフカラーデザイナーの松原千春は、次のように述べています。「自動車のカラートレンドは、私たちが実際に路上を走る車の色を見るまでに、コンセプトの組み立てから生産まで通常約3年から4年かかります。カラートレンドは徐々に変化し、時間の経過とともに形作られます。私たちは、色の濃淡や効果、見え方によって、独自の表現が今後ますます見られるようになることを期待しています。今後はゆとりある、情緒的で快適なライフスタイルをイメージするような温かみのあるカッパー(銅褐色)やグレー系のカラーが登場すると予測しています。」

また、スクーターやバイクといった二輪車の市場では、今後ますますカラーバリエーションが多様化すると考えています。彩度の高いカラーが定番化しつつも、経年変化したような味わいのある鉄のようなカラーやヘマタイト(天然石の一種)のような新しいメタリックを表したカラー、また粗かったり、色が変化したりするものなど多様なデザインが特徴として登場するでしょう。


<地域別カラートレンド>



*世界および地域別のカラートレンドの特色については、添付の「BASF カラートレンド」ファクトシート  (pdf, 538kb)をご覧ください。


BASFのコーティングス事業本部について
BASFのコーティングス事業本部は、革新的な自動車用塗料、自動車補修用塗料、工業用塗料、建築用塗料、およびそれらの応用に必要なプロセスの開発、生産、販売を行っています。BASFは、ヨーロッパ、北米、南米、アジア太平洋に拠点があります。広範なネットワークを通じて、世界中のお客様と緊密に連携しています。2013年におけるBASFコーティングス事業部の世界の売上高は29億ユーロでした。BASFコーティングスの詳細情報は www.basf-coatings.com (英語)、 www.basf.co.jp/coatings (日本語)をご覧ください。

BASFについて
BASF(ビーエーエスエフ)は世界をリードする化学会社「The Chemical Company」です。製品ラインは、化学品、プラスチック、高性能製品、農業関連製品、石油・ガスと多岐にわたっています。BASFは、経済的な成功、社会的責任、そして環境保護を同時に実現しています。また、BASFは科学とイノベーションを通して現代社会や将来のニーズを提示しながら、ほぼすべての産業のお客様を支援しています。BASFの製品とソリューションは、資源の確保に貢献し、栄養価の高い食品を提供するとともに、生活の質の向上に寄与しています。BASFは「私たちは持続可能な将来のために、化学でいい関係をつくります」を企業目標に掲げ、これらの活動を実施しています。 2013年の売上は約740億ユーロで、従業員数は約11万2000人です。BASFの詳しい情報は、www.basf.com(英語)、newsroom.basf.com(英語)、www.japan.basf.com(日本語)をご覧ください。






BASFジャパン株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#BASFジャパン
#カラートレンド