ニュース

国内初、量産型国産小型商用BEVトラック500台を導入【ヤマト運輸】

2022年7月29日

  

国内初、量産型国産小型商用BEVトラック500台を導入
― 環境負荷軽減と集配業務における効率化を実現 ―

  

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕)は、日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:小木曽聡、以下「日野自動車」)が開発した超低床・ウォークスルーの国産小型商用BEVトラック「日野デュトロ Z EV」を、2022年8月10日(水)から首都圏を中心に順次500台導入します。量産型の国産小型商用BEVトラックの導入は国内で初めてとなります。

  

1. 背景および目的
ヤマトグループは、2050年温室効果ガス排出実質ゼロおよび2030年温室効果ガス排出量48%削減(2020年度比)の実現に向けて各取り組みを進めており、その主要施策の一つとして、2030年までにEV20,000台の導入目標を掲げています。
7月27日にはCJPT社と共同で、電動車普及に向けてカートリッジ式バッテリーの規格化・実用化の検討開始を発表するなど、カーボンニュートラル社会実現のために積極的な取り組みを進めています。
このたび、2021年11月から日野自動車と共同で、超低床・ウォークスルーの小型商用BEVトラック「日野デュトロZ EV」を用いた集配業務の実証実験で、温室効果ガス排出量の削減効果や、集配業務における効率性・実用性について検証し、効果を確認できました。
検証結果を踏まえ、小型商用BEVトラックを今後順次導入します。

2. 概要
(1)導入台数   
   500台
(2)導入開始時期
   2022年8月10日 (水) から順次導入開始
(3)導入エリア  
   全国(首都圏である関東・中部・関西エリア中心)

3.今後について
カーボンニュートラル社会の実現に向け、引き続きEVを含む次世代モビリティの開発や、EV運用オペレーションの最適化に向けた各取り組みを進めるとともに、エネルギーマネジメントシステムの開発も積極的に進め、サステナブル経営を強化していきます。

  

以上

<参考>
日野自動車、小型BEVトラック「日野デュトロ Z EV」を新発売(2022年6月28日)
https://www.hino.co.jp/corp/news/2022/20220628-003275.html
ヤマト運輸と日野、超低床・ウォークスルーの小型BEVトラックの実証実験を開始(2021年11月22日)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2021/newsrelease_20211122_1.html

ヤマト運輸とCJPT、カートリッジ式バッテリー規格化・実用化に向けた検討開始(2022年7月27日)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2022/newsrelease_20220727_1.html
2050年温室効果ガス排出実質ゼロに向け2030年の削減目標を具体化(2022年5月10日)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2022/newsrelease_20220510_1.html
ヤマトグループ サステナブル中期計画2023【環境・社会】を策定(2021年01月29日)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/2021012903.html

【お問い合わせ先】
<一般の方>
ヤマト運輸株式会社 コールセンター TEL:0120-01-9625

  

  

  


ヤマト運輸株式会社 ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ヤマト運輸
#2022年7月29日