ニュース

超小型高速組込みオプティカルフローセンサモジュールを実車で実験【ゼットエムピー】

2012年5月18日

-死角に入った車両を検出。「人とくるまのテクノロジー展」「次世代自動車産業展」に出展-

㈱ゼットエムピー(東京都文京区、代表取締役社長:谷口恒)は、超小型高速組込みオプティカルフローセンサモジュール「e-nuvo OpticalFlow-Z(以下、OpticalFlow-Z) 」を実車に搭載し実験を行いました。
OpticalFlow-Zは、カメラ・FPGA・メモリを一体とした5cm角の組込みセンサモジュールで、FPGAにて実装したオプティカルフローにより最大240fpsの高速計測が可能です。本実験では、実環境にてOpitcalFlow-Zで追い越し車両を検出することに成功しました。

車両(白色)を、右車線から別の車両(紺色)が追い越す、という実験を行いました。左車線を走行する車両の右側面にOpticalFlow-Zを取付け、死角に入った車両の相対速度を検出、後方から接近する車両は危険であるため赤色にて表示をするように設定しました。
OpticalFlow-Zは、負荷の高いオプティカルフロー演算をPC を用いずに小型の組込みモジュールで実現しています。
自動車だけでなく、二輪車、福祉用車両、移動ロボットなどにおいて死角に入った車両の検出や障害物の検出、といった用途で利用可能です。OpticalFlow-Zは、「人とくるまのテクノロジー展2012(5月23日~25日)」および「次世代自動車産業展2012(5月30日~6月1日)」にて展示・デモを行います。ゼットエムピーは、自動車・次世代モビリティの研究開発の加速をサポートいたします。

超高速小型組込みオプティカルフローセンサモジュール e-nuvo OpticalFlow-Z
http://www.zmp.co.jp/e-nuvo/jp/of-z.html

出展情報

「人とくるまのテクノロジー展 2012」
開催日 : 5月23日(水)~25日(金)
会場 : 横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホール
ブース : T43(ゼットエムピーブース)

「次世代自動車産業展2012」
開催日5月30日(水)~6月1日(金)
会場 : 東京ビックサイト 東2・3ホール
ブース : AN-22(ロボットビジネス推進協議会共同スペース内)

主な仕様

フレームレート : 最大240fps

マイコン : ARM Cortex-M3 120MHz

メモリ : 1Gbit/128MB DDR3 SDRAM

フラッシュメモリ : 64Mbit/8MB

インタフェース : CAN/USB/LVDS

サイズ・重さ : 50mm×50mm/約16g (センサモジュール単体)

価格

e-nuvo OpticalFlow-Z 評価キット 一般29.8万円/アカデミック 19.8万円(税別)

<内容>
- OpticalFlow-Zモジュール ×1
- LCDディスプレイ ×1
- 専用ケーブル(USB) ×1
- 電源ケーブル ×1
- 評価用ソフトウェア(ビューワ) ×1

本件に関するお問合せ先

㈱ゼットエムピー  営業部  TEL : 03-5802-6901  FAX : 03-5802-6908  E-Mail : e-nuvo@zmp.co.jp

株式会社ゼットエムピーの概要

http://www.zmp.co.jp/
私たちは、次世代モビリティの安全・環境・省力化に貢献する企業を目指します。10年以上にわたるロボット開発と4,200台の販売実績をベースに、「次世代自動車の開発用プラットフォーム」、「ロボット・移動制御技術のライセンス」、「センサ・画像認識ソリューション」、「リチウムイオン電池システム」、「大学、企業のエンジニア研究用・教育用ロボット」の、5つの事業を展開しています。創業は2001年1月文部科学省傘下の科学技術振興機構から技術移転を受け設立。日本ロボット学会実用化技術賞、経済産業省「今年のロボット大賞 最優秀中小・ベンチャー企業賞、中小企業基盤整備機構理事長賞」など数多くの賞を受賞。私たちはこれからも、ロボット技術やサービスで、イノベイティブな製品を生み出してまいります。
* RoboCarはゼットエムピーの登録商標です。


株式会社ゼットエムピーホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#ZMP
#センサ