ニュース

クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」対応 ミラー型テレマティクス端末を発売開始【パイオニア】

2015年10月20日

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
ご覧になった時点で内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。


パイオニアは、当社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に対応した3G/LTE通信モジュール搭載ミラー型テレマティクス端末(型番:TMX-DM01-VA、価格:オープン)の発売を開始しました。


「ビークルアシスト」について

営業車両などの安全運転・労務管理・経費削減に活用できるクラウド型運行管理サービスです。

「ビークルアシスト」専用サイト

「ビークルアシスト」対応ミラー型テレマティクス端末について

1. 危険挙動通知で安全運転促進
  クルマが危険な挙動をした時に管理者にメールで通知し、安全運転を
  促進します。

2. 日報を自動作成
  ドライバーが特別な操作をすることなく、日報が自動作成されるので、
  業務効率の向上を図ることができます。

3. ドライバーへのメッセージをディスプレイ表示と音声自動読み上げで伝
  達

また、発売を記念して、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」にご契約いただいた法人様に、本ミラー端末を無料でご利用いただけるキャンペーンを、期間限定、台数限定で実施します。キャンペーン詳細に関しては、下記専用サイトをご参照ください。

※ ビークルアシストの月額利用料および、初期登録手数料、取付工賃等は別途必要となります。

キャンペーン案内サイト








パイオニア株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#パイオニア
#テレマティクス