セミナー情報

第28回 – 磨き上げられるエンジンシステム技術 – 内燃機関シンポジウム 【自動車技術会】


日時:
2017 12/6【金】▶ 8【水】
場所: 福岡リーセントホテル

福岡県 福岡市東区箱崎2丁目52-1

開催趣旨

 本シンポジウムの目的は、熱効率の向上と環境影響の極小化という困難な命題に挑戦し続けるエンジンシステム技術に関して、企業、大学、研究所等に属する研究者、技術者、学生が意見交換を行う場を提供するとともに次世代エンジニアを育成するこ とです。
本シンポジウムの位置づけは、国内で毎年定期的に開催される。エンジン関連の最高峰のシンポジウムであり、目的の一つに「エンジン技術発展のために、大学教員や大学院生、企業若手エンジニア、ベテランエンジニアとの研究・技術の交流の場とする」ことが掲げられています。また、完成度の高い研究内容および十分な質疑応答が可能となるような講演時間が確保されていることが特色です。

第28回内燃機関シンポジウム 実行委員会委員長 村瀬 英一

スケジュール(概要)

105 編の一般講演と、基調講演、フォーラムを予定しています。

12/6(水)
8:50 開会式
9:00 ~10:00 基調講演(1)
「電動化時代を迎えたパワートレーン開発の方向性」 トヨタ自動車(株)安部 静生氏
10:15~18:45 一般講演パラレルセッション
12/7(木)
9:00~15:10 一般講演パラレルセッション
15:20~17:30 フォーラム テーマ:[高効率レース用エンジン]
(1)「レース用高負荷希薄燃焼におけるガス流動と混合気形成」
  ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)松村 基宏氏
(2)「 世界耐久選手権用高効率エンジン開発」トヨタ自動車(株) 田中 淳哉氏
(3)「 国内レース用エンジンの開発」(株)本田技術研究所 江藤 大二朗氏
18:00~ 懇親会
12/8(金)
9:00~10:00 基調講演(2)
「内燃機関進化によるCO2低減への貢献」 山本 博之氏(マツダ(株))
10:15~16:55 一般講演パラレルセッション
16:55 閉会式

▶プログラムの詳はウェブサイトをご覧ください。
http://www.jsae.or.jp/intconf/ice/sympo2017.php 

聴講者申込みに関して

11月10日(金)までの参加登録 および 懇親会へのお申込みは、割引価格となっています。 お得な早期のお申込みをお勧めいたします。

参加登録費(講演論文CD-ROM,要旨集を含む・消費税込み)
正会員  13,000円(11/10 17:00まで) 15,000円(11/11以降)
会員外  28,000円(11/10 17:00まで) 30,000円(11/11以降)
学生(会員   4,000円(11/10 17:00まで) 6,000円(11/11以降)
学生(会員外)   8,000円(11/10 17:00まで) 10,000円(11/11以降)

※日本機械学会および協賛学協会会員は正会員扱いとなります。

【懇親会】 日時:12月7日(木)18:00~
      会場:福岡リーセントホテル 舞鶴の間

懇親会参加費
一般  7,000円(11/10 17:00まで) 8,000円(11/11以降)
学生  3,500円(11/10 17:00まで) 4,000円(11/11以降)

  

参加申込方法
下記Webサイト【URL】よりお申込みください.
https://tech.jsae.or.jp/evententry/index.aspx?id=ice28 

  

共催
公益社団法人自動車技術会(幹事学会)、一般社団法人日本機械学会

協賛(予定)
可視化情報学会、石油学会、日本液体微粒化学会、日本エネルギー学会、日本ガス協会、日本ガスタービン学会、 日本トライボロジー学会、日本内燃機関連合会、日本燃焼学会、日本マリンエンジニアリング学会、 日本陸用内燃機関協会、計測自動制御学会

   

お問合せ先

公益社団法人 自動車技術会
技術・育成交流グループ 福田・岩田
E-mail:ice2017@jsae.or.jp