セミナー情報

日独シンポジウム「運転支援システムおよび自動運転:学術界・産業界からの視点」【ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京】


自動車の自動運転化は、運転の重要な側面に根本的な変化をもたらし、事故の減少と排出ガスの削減を実現すると期待されています。今日すでに運転支援システムは、ドライバーがより安全かつ効率的に目的地に到達するために役立っています。自動運転の実現に向けた取組みの進展に伴い、車載センサーシステム、情報処理システム、制御システムなど多くの複雑な要素からなる運転支援システムの高度化・高性能化が進んでいます。

自動運転の分野における日独間の協力は着実に拡大しており、2017年3月には、ドイツのアンゲラ・メルケル首相と日本の安倍晋三首相によってあらためて連携の強化が確認されました。

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)と慶應義塾大学 SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアムの共同シンポジウムは、自動運転の鍵となる運転支援システムの発展におけるドイツと日本の進捗状況に焦点を当て、日独の専門家および研究者らが交流し、最先端技術と最新の研究開発動向について意見交換する場を提供します。

シンポジウムのテーマは次のとおりです。
- 乗用車向け運転支援システム
- 部分的自動化、高度自動化、完全自動化
- ヒューマン・マシン・インタラクション/シミュレーション
- 自動運転導入に向けた戦略

開催概要

日 時 2017年11月15日(水)
10:30~16:45 (シンポジウム)
17:00~19:00 (レセプション)
会 場 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール Access Map
主 催 ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)
慶應義塾大学 SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム
後 援 ドイツ宇宙航空研究センター(DLR)
在日ドイツ商工会議所(AHK Japan)
言 語 日本語・英語 同時通訳付
参加お申込み  お申込みはこちら
*要事前申込み
*参加費無料

プログラム

10:30 -
11:00
開会の辞 
マルグレート・ヴィンターマンテル 
ドイツ学術交流会(DAAD) 会長

國領 二郎
慶應義塾常任理事
11:00 –
11:40
第1部: 自動運転推進戦略 
「ドイツにおける自動運転-概要」
シュテファン・メンゲル  
ドイツ連邦教育研究省(BMBF) エレクトロニクス/電気自動車・自動運転課 課長

「日本の自動走行の将来戦略:何が求められるか」
古谷 知之
慶應義塾大学 総合政策学部 教授
11:40 –
12:30
休憩
12:30 –
14:00
第2部: 学術界の視点
「自動運転導入に伴うリスク」
ヘルマン・ヴィナー 
ダルムシュタット工科大学 自動車工学研究所 所長

「自動運転車とコネクテッド・ビークルのテストー必須研究領域」
フランク・ケスター
ドイツ宇宙航空研究センター(DLR) 交通システム研究所

「自動運転自動車の公道走行実験の概要と課題」
菅沼 直樹
金沢大学 新学術創成研究機構 未来社会創造研究コア 自動運転ユニット
ユニットリーダー 准教授  
14:00 –
14:30
コーヒーブレイク
14:30 –
16:30  
第3部: 産業界の視点
「シームレスドライビング」
南 達也
コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 ビジネスユニットADAS 
シニアマネジャー、日本・韓国プログラムマネジメント

「自動運転と更なる安全性の実現に向けて」
松本 博司
メルセデス・ベンツ日本株式会社 技術部 技術コンプライアンス課 
統括マネージャー

「ボッシュ・ジャパンにおける自動運転の開発状況と今後の取り組み」
波野 淳
ボッシュ株式会社 シャシーシステムコントロール事業部 システム開発部門 
システムエキスパートリーダー車両アーキテクチャー ゼネラルマネージャー

「自動運転を活用した新たなモビリティサービスへの取組」
山下 淳
株式会社ディー・エヌ・エー オートモーティブ事業本部 シニアマネジャー
16:30 –
16:45
閉会の辞
古谷 知之
慶應義塾大学 総合政策学部 教授
17:00 –
19:00
レセプション 

  

  

お問い合わせ

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)
E-mail:info@dwih-tokyo.jp