ニュース

『SUPER GT第2戦富士』GT300クラスでDUNLOPタイヤ装着車両がワンツーフィニッシュ【住友ゴム】

2021年5月11日

  

『SUPER GT第2戦富士』GT300クラスでDUNLOPタイヤ装着車両がワンツーフィニッシュ

  

 住友ゴム工業(株)は、5月3日~4日に富士スピードウェイで開催された国内最高峰のレースのひとつ『2021 AUTOBACS SUPER GT』の第2戦で、DUNLOP(ダンロップ)としてサポートする「TOYOTA GR Supra GT」と「SUBARU BRZ GT300」がGT300クラス表彰台の1位、2位を独占しました。予選からポールポジションを獲得する好調な走りや決勝での白熱した戦いを通して、DUNLOPタイヤの速さ・グリップ性能・耐久性能が証明されました。



1位を獲得した
吉本大樹選手(左)と河野駿佑選手(右)


「LM corsa」の「TOYOTA GR Supra GT」

 今回2年ぶりに開催された500Kmレースの予選では、「R&D SPORT」の「SUBARU BRZ GT300」がポールポジションを獲得し、本年から新たにサポートをする「LM corsa」の「TOYOTA GR Supra GT」が予選3位と好位置につけるなど、上位7台中4台がDUNLOPタイヤ装着車となりました。決勝は2車両の激戦の末、「TOYOTA GR Supra GT」が今シーズン初優勝を獲得しました。



2位を獲得した(右)
山内英輝選手(左)と井口卓人選手


「R&D SPORT」の「SUBARU BRZ GT300」

 DUNLOPタイヤは、予選での速さに加え、決勝では高いグリップ性能と耐久性能を発揮し、各チームの好成績に貢献しました。続くレースにおいてもチャンピオン獲得を目指し、参戦するチームとドライバーを足元から支えます。

  

  

  

住友ゴム工業株式会社 ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#住友ゴム工業
#タイヤ
#モータースポーツ
#2021年5月11日