ニュース

アンテナ付車載用Bluetooth™ HCIモジュール「UGXZD-Gシリーズ」を開発【アルプス電気】

2012年5月23日

Bluetooth™ 搭載が広がるカーマルチメディアに最適
アンテナ付車載用Bluetooth™ HCIモジュール「UGXZD-Gシリーズ」を開発

製品についてのお問合わせ
製品情報サイト


当社は、アンテナ付車載用Bluetooth™ HCI※1 モジュール「UGXZD-Gシリーズ」を開発いたしました。

スマートフォンやタブレットPC、携帯音楽プレーヤなど、日々の生活を豊かにするモバイル機器。これら、ほとんどの機器には、Bluetooth™ が搭載されています。また、昨今、車載機器でもBluetooth™ の搭載が進み、スマートフォンや携帯音楽プレーヤなどを車載機器とつなぎ、ハンズフリー通話や好きな音楽を車内でも聴くことができるなど、より快適な車室内環境をユーザーに提供しています。

ハンズフリー通話や携帯音楽プレーヤを利用した音楽再生が一般化したことで、Bluetooth™ の搭載ニーズは、これまでのカーナビゲーションに加え、カーオーディオへ広がりつつあり、より容易に搭載することが可能な、アンテナ内蔵型の小型モジュールが求められるようになってきました。

当社は、これらニーズに対応すべく、アンテナ付車載用Bluetooth™ HCIモジュール「UGXZD-Gシリーズ」を開発。これまで、車載機器へBluetooth™ モジュールを搭載するために欠かせなかった、2.4GHz帯での良好な高周波通信の実現と各国電波法への対応など、アンテナを一体化することで、個別に検討する必要がなくなり、セットメーカーにおける設計・開発の負荷軽減に貢献します。

また、当社がこれまで培ってきたアンテナ技術や高周波回路技術、高周波シミュレーション技術を駆使し、アンテナをモジュールへ内蔵しながらも、28.5mm×13.8mm×2.8mmの小型化を実現。加えて、高周波特性を最適化するため、アンテナと送受信機の通信整合回路部分に改良を加えたことで、条件の異なる各種カーナビゲーションやカーオーディオのフロントパネルなどにも、汎用的にモジュールを搭載することが可能となります。

当社は、既に実績のある車載用Bluetooth™ All in One※2 モジュールに加え、本製品をBluetooth™ モジュールバラエティにラインアップし、更に広くお客様のニーズに応えていきます。

※1 Host Controller Interface
Bluetooth™ の下位レイヤ(RFおよびベースバンド)と,上位レイヤ(通信プロトコル)の間の共通インターフェースの仕様。この、下位レイヤ部分をモジュール化したものを「HCIモジュール」と呼び、無線送受信に必要なRFトランシーバ回路とベースバンド処理回路を両方搭載している。

※2 All in Oneモジュール
Bluetooth™ の下位レイヤ(RFおよびベースバンド)から、上位レイヤ(通信プロトコル)まで搭載し、Bluetooth™ 部分の処理を可能としたモジュール。

主な特長

Bluetooth™ 搭載が広がるカーオーディオに最適
1. 車載機器でニーズのあるアンテナ内蔵型モジュール
2. 28.5mm×13.8mm×2.8mmの小型化を実現。フロントパネルに搭載可能

主な用途

カーナビゲーション、カーオーディオなどの車載機器

販売計画

主な仕様


アルプス電気株式会社ホームページはこちら

キーワードをクリックして関連ニュースを検索

#アルプス電気
#Bluetooth
#モジュール