検索結果

「#マイコン」の検索結果

車載用32bitマイコン SPC56シリーズの長期供給プログラムの延長を発表【STマイクロエレクトロニクス】

2021年3月9日 車載用32bitマイコン SPC56シリーズの長期供給プログラムの延長を発表 長期供給プログラムを20年間に延長し、2034年までの供給継続を保証 多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、車載用32bitマイクロコントローラ...

LoRa®対応ワイヤレス・マイコン STM32WLシリーズを拡充【STマイクロエレクトロニクス】

2020年12月16日 ・さまざまな変調方式をサポートするLoRa®対応ワイヤレス・マイコンが革新的なIoT機器の開発を加速 ・マス・マーケット向けに機能やパッケージ・オプションを拡充し、プロトコルの互換性を向上(Sigfoxなど) ・デュアルコア・アーキテクチャにより、性能、サイバー・セキュリティ、柔軟性が向上...

“指先大”マイコンへの実装を実現した超省メモリなエッジAIアルゴリズムを開発 エイシング、「MST(メモリー・セービング・ツリー)」を提供開始【エイシング】

2020年12月15日 “指先大”マイコンへの実装を実現した超省メモリなエッジAIアルゴリズムを開発エイシング、「MST(メモリー・セービング・ツリー)」を提供開始〜実装可能領域が従来比5倍超となり、多様なエッジAI活用シーンを創出〜  エッジAIスタートアップの株式会社エイシング(本社:東京都港区、代表取締役 CEO...

CAN FDネットワーク対応8ビットマイコンを発表【マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン】

2020年11月24日 [NASDAQ: MCHP] – 安全性、通信等、進化を続ける車載応用における広い帯域幅と柔軟なデータレートの要求に対応し、また先進運転支援システム(ADAS)の開発を支援するため、Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、CAN FD (Controll...

複数アプリケーションを統合可能な次世代ドメイン/ゾーン・アーキテクチャ向けの車載用マイコンを発表【STマイクロエレクトロニクス】

2020年10月26日 ・STとBosch社がハードウェア機能による安全性とセキュリティの仮想化など、複数のアプリケーションを高い  確定性で処理する高性能マイコンを共同開発 ・従来のLinux/Posixベースの統合プラットフォーム・ソリューションと異なり、さまざまなツールや  ソフトウェア構成で開発された複数のア...

アナログシステム設計における困難な課題を解決するマイコンを発表【マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン】

2020年10月22日 [NASDAQ: MCHP] – センサベースのIoT (Internet of Things)アプリケーションがコスト、サイズ、性能、消費電力等多くの困難な課題を克服できるかどうかは、アナログ機能とデジタル制御能力の組み合わせにかかっています。Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋...

車載機器のイノベーションを加速させる強力な開発エコシステムを発表【STマイクロエレクトロニクス】

2020年2月20日 ・AutoDevKit™開発エコシステムが最先端の車載用電子制御ユニットの試作を簡略化 ・堅牢なSPC5マイコン・ボードと車載機器の接続を簡略化 ・使いやすいアプリケーション・プログラミング用ソフトウェアとソース・コードが無償ダウンロード可能 多種多様な電子機器に半導体を提供す...

C2000マイコン・ファミリの最新デバイスを使用した、イーサネットによるVienna整流器の制御とモニタリング【日本テキサス・インスツルメンツ】

2019年11月27日 自動車メーカーは電気自動車(EV)に多額の投資を始めていますが、最近発表されたレポートによると、EV市場は2019年の300万台から2030年までに2,700万台へと拡大すると予想されています。これは、21.1%の年平均成長率に当たります。このようなEV市場の成長に伴い、EV用の公共充電オプションの需...

日産の「プロパイロット2.0」に採用、スカイラインに搭載【ルネサスエレクトロニクス】

2019年8月7日  ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、日産自動車株式会社(以下、日産)が7月16日に発表したスカイラインに搭載される、高速道路で同一車線内ハンズオフが可能なナビ連動ルート走行を実現した「プロパイロット2.0」に、ルネサスの車載...

ADAS設計で高度な安全性を実現する診断機能の役割【日本テキサス・インスツルメンツ】

2019年6月28日 自動車業界がより高度な自動運転機能を推進するにつれて、高度な安全性要求レベル(ASIL)に対応した先進運転支援システム(ADAS)の必要性も高まっています。最近までのADAS機器は、視認性を向上させたり、危険な状況に陥りそうな際、ドライバーへ警告したりするために使われることがほとん...