注目企業特集

株式会社レーザー計測

  

株式会社レーザー計測は、FISO Technologies社、 Stress Photonics社、 Correlated Solutions社、 isi-sys社、 Direct Measurements社、Fibre Force社、 SINTEC社、Singer Instruments & Control社の日本総代理店です。各社の多彩な製品と弊社の技術を組み合わせ、レーザー及び光学系による計測システム、光ファイバーを使った計測・測定製品とその関連機器の設計・製作を、お客様にとって最適な状態でご提供しております。

製品情報

デジタル3D コリレーションシステムVIC-3D
  
2台の高解像度デジタルカメラを用いて、負荷状態における被計測物の表面の変形を非接触・リアルタイムで計測します。
三次元での変形やひずみの計測のほか、様々な負荷状態、例えば引張、圧縮、曲げ、ねじりやこれらが重なり合った複雑な負荷状態などで発生したひずみのデータを、縦方向および横方向に分離して得ることができます。
この機能はほぼ制限なくあらゆる材料に適用できます。

詳細はこちら 

光ファイバーセンサー
  
フィゾー・テクノロジー社は、高品質のセンサーとシグナルコンディショナーを開発し、設計し製作する光ファイバーを使った計測のリーディングカンパニーです。
個客のニーズ゙に応じて、温度や圧力、ひずみ、変位、荷重などいろいろなパラメータに対して革新的で信頼できる技術を提供できます。

詳細はこちら 

  
  

光弾性応力測定システム「GFP1400」
  
GFP1400 は最先端を行く光弾性応力測定システムで、短時間で被計測物の応力や、ひずみの分布を自動的に得ることが出来ます。ガラスや樹脂の残留応力を簡単に計測できます。また金属、ガラス等の機械的なひずみや応力を、コーティングや光弾性シートにて計測可能です。

特徴

●ひずみ分布の全視野計測
●高いひずみの分解能(20 με)
●静的な計測
●特殊塗料による不均一コーティングの補正


応用例

●FEMデータの検証
●ガラスや樹脂の残留応力の可視化
●光造型モデルでのひずみ解析
 
 

詳細はこちら 

光弾性応力測定システム「Edge Master」
  
エッジマスターは自動車用フロントガラス・リアガラスのエッジ部分の残留応力を計測するために開発された製品で、ガラスエッジ部分の圧縮や引張の様子をリアルタイムで計測することが出来ます。

  

詳細はこちら 

超音波音弾性残留応力計測システム UltraMARS7
  
超音波での音弾性法を計測原理として開発された応力計測システムで、板厚方向に超音波を伝搬させる複屈折音弾性法によって、板厚方向の平均応力を測定することができます。鉄・アルミニウムなどの金属やプラスチックでできた部品・構造物部材等の、負荷応力や残留応力を計測します。 ウルトラマースは、セミオートマチックで非破壊計測ができ、小型軽量で持ち運びができるので、研究室だけでなく、野外の現場でも使用可能です。
特徴
●負荷応力や残留応力の大きさと方向がわかる
●物質の音弾性係数を計測可能
●溶接による残留応力を、トリートメント
 デバイスにより低減することができる
●厚さが測定できる
●ヤング率やポアソン比を計測可能
用途例
●橋やビルなどの構造物の残留応力測定
●スチールやアルミニウムなどの部品の
 残留応力計測
●プラスチック製品にも応用可能
●構造物の長期間応用モニタリング
●残留応用のトリートメントによる低減

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

詳細はこちら 

  

お問合せ

株式会社レーザー計測

〒166-0011 東京都杉並区梅里1-19-12 OTビル5F
TEL. 03-6304-9600   FAX. 03-6304-9631

業務内容
(1)電子光学部品、レーザー装置及びその関連機器の設計、製作、
   使用販売ならびにそれらの製品の納入調整、アフターサービス業務
(2)上記に付帯する一切の業務

<日本総代理メーカー>
●FISO Technologies社
●Stress Photonics社
●Correlated Solutions社
●isi-sys社
●Direct Measurements社
●Fibre Force社
●SINTEC社

お問合せはこちら