圧力計

筒内圧センサ用脈動圧力校正装置 PGT-500

概要

筒内圧センサ用脈動圧力校正装置PGT-500は、従来使用されていた油圧式重錘型圧力校正装置の代わりに使用される圧力校正装置です。空気-油圧変換器を用いて発生させた圧力を、校正センサと基準圧力センサに印加し、両波形を比較しながらパソコンで精度解析を行うシステムです。重錘操作などは不要で安全性に優れ短時間での校正が可能となります。

特徴

■特長

  • 圧電センサの高精度な校正

  • 圧電センサで重要な絶縁抵抗値、低域周波数特性がモニター可能

  • 重錘を取り扱う必要がなく安全に操作


■仕様
圧力発生モードゲージ圧力
圧力発生レンジ1~20MPa
圧力校正精度±0.1%FS

■アプリケーション

  • 圧電型筒内圧力センサの校正


筒内圧センサ用脈動圧力校正装置詳細情報、カタログダウンロードは司測研のWebサイトをご覧ください
製品情報:http://www.sokken.co.jp/pressure/201011/entry7.html
株式会社司測研:http://www.sokken.co.jp/

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容