燃料電池評価装置

燃料電池酸素濃度可視化装置 FC-O2モニタ

概要

燃料電池酸素濃度可視化装置FC-O2モニタ FCM-405H-Oxy形は高性能酸素感応試薬と高速データ処理機能によって、燃料電池の正極で酸素がどのように消費されているかをリアルタイムに把握できるようにした装置です。

酸素の利用状況から反応がスムーズにおこなわれているかを確認し、燃料電池の問題点や性能向上の手掛かりを探ったり、構造や材質、発電条件等の最適化を図ったりするなど燃料電池の研究開発にご活用いただけます。

特徴

1. 高速処理
 高速撮像機構にて最大30フレーム/secのデータ取得ができます。

2. 専用の酸素感応試薬を開発
 温度および湿度の影響が少なく、安定したデータ取得ができます。

3. 柔軟な設置レイアウト
 本体部と制御部を分離した装置構成のため、柔軟な設置レイアウトが
 可能です。

4. 簡単操作
 Windows®ベースのGUIにて容易な操作とデータの取り扱いを
 実現します。

製品詳細

お問い合わせ



この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容