排気ガス測定

エンジン筒内高速モニタ「DIOMELAS™」

概要

エンジン制御技術については出力性能と燃費・環境性能とを両立させるために益々高度化・複雑化しており、実際のエンジン筒内の現象を正確に把握するための計測技術が必要不可欠となっております。さらに、モデルベース開発(MBD:Model Based Development)の普及を背景に、エンジンモデルの妥当性や精度を計測する装置も強く望まれております。
エンジン筒内高速モニタ「DIOMELASTM」は、燃焼把握に重要とされながらこれまで難しいとされてきた、エンジン筒内におけるガス温度とCO2濃度・水分濃度を同時に計測できる製品です。
本製品は、小型なプローブを直接エンジン筒内に挿入し、プローブの先端にレーザ光を照射することで、水とCO2の吸光度からガス温度およびCO2濃度、水分濃度を算出します。プローブ先端の限られた空間内に光路を複数設けることで、50μs間隔という高速同時計測を実現しました。
また、エンジン開発を効率的に進める事できるように、計測ストレスのない高速演算処理の実現と外部機器連携機能による自動計測に対応しました。

特徴

・エンジン筒内における温度・CO2 濃度・水分濃度を同時に高速モニタリング
エンジン回転角度毎に計測できますので、燃焼直前におけるエンジン筒内のガス温度や残留CO2濃度・水分濃度を詳細にモニタリングできます。

・高速演算処理と並行データ処理による効率的な計測の実現
50 μs毎に得られる膨大な計測信号を高速で演算し、エンジン1サイクル中の計測データを1秒以内で温度・濃度に算出します。また、計測信号の取得と温度・濃度演算処理を並行におこないますので、間断のない計測が可能です。

・他機器と連携した自動計測に対応
エンジンベンチシステム等からの外部制御信号により、計測開始から終了までの一連の動作が自動的におこなえますので、人手を煩わせることなくデータを取得し続けることが可能です。

<製品情報:エンジン筒内高速モニタ「DIOMELAS™」>
https://www.shimadzu.co.jp/products/ecem/gas/ictl5000a.html

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容