燃焼解析

エンジン燃焼発光計測用 光プローブ「ExDop」

概要

エンジン燃焼発光計測用 光プローブ「ExDop®(エックスドップ)」は、高圧・高温・高振動と過酷な条件にあるエンジン筒内から手軽に安定して燃焼光を取り出す手段を提供します。

自動車のみならず、船舶・産業用車両・発電機など幅広い分野のエンジン開発において、燃焼効率の向上、低エミッション化の推進、シミュレーションの検証の効率化に貢献します。

光計測は、高速応答性という特徴を有し、燃焼状態の変化を瞬時に捉えることができます。
従来の圧力(指圧)計測や排ガス測定とは異なるアプローチで燃焼の評価が可能です。

 本製品は,2014年“超”モノづくり部品大賞の『自動車部品賞』を受賞しました。

特徴

1. 信頼性の高いデータの取得を実現
  耐熱300℃、耐圧10MPa、耐振50Gの耐久性を実現した上、使用中の
  劣化を低減しました。
  そのためエンジン筒内の過酷な環境からでも信頼性の高いデータを
  取得することができます。

2. 幅広い燃焼状態を可視化
  紫外~可視~近赤外(300nmから810nm)までの光を高い透過率で
  通すため、ノッキングなどの強い発光や熱放射などの計測はもちろん
  のこと、アイドリングやラジカル発光など紫外域や微弱な光の計測でも
  威力を発揮します。

3. カスタマイズ対応が可能
  標準で2種類の先端形状を用意しているほか、お客様のご要望に合わ
  せた形状でのご提供や支給部品への組込みといったカスタマイズにも
  対応します。

製品詳細

お問い合わせ


この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容