3次元計測システム

非接触三次元測定機CCDカメラベース:ZEISS COMET L3D2

概要

軽量・コンパクトなCOMETシリーズの標準モデル最新機種
ZEISS COMET L3D2は従来モデルL3D 1からさらに軽量化、ダウンサイジングし、測定時間の短縮を実現した最新モデルです。
レンズ交換をするだけで、様々なワークサイズに適応できます。

L3D1からの主な改良点
 ●1ショット測定時間を約半分に短縮
 ●光量を約30%増量
 ●センサー体積を約50%削減
 ●新ソフトウェア ZEISS colin3Dで制御可能になり、センサー温度、振動や
  環境光などの外部環境の変化をリアルタイムでモニタリング可能
  ヒーターコントロール機能により短時間で理想的なセンサー温度に到達
 ●人間工学に基づいたデザインを採用

特徴

 ●レンズ交換をするだけで、様々なワークサイズに適応
 ●5 x レンズ to 1 x センサー で柔軟な測定を実現
 ●外部環境の変化をリアルタイムでモニタリング
 ●マーカーレス測定

アプリケーション例
 ●樹脂成型品
  ・反り・引けの視覚化
  ・成形条件の最適化 
  ・寸法検査
  ・断面検査
 ●鋳造・ダイカスト
  ・金型摩耗検査
  ・鋳型・中子アッセンブリ評価 
  ・最小肉厚検査
  ・加工段取りの最適化
 ●プレスパネル・金型
  ・板止まり検査
  ・稜線検査 
  ・穴検査
  ・スプリングバック解析
  ・金型摩耗検査
 ●金型
  ・コピー型の作成
  ・型破損時の改修・再作成用データ
  ・ノウハウ(現場調整)をフィードバック
  ・データの無い金型のデジタル化
  ・見込み形状作成
 ●デザインモック
  ・デザイナーの手仕上げ(モデリング困難)をデジタル化
  ・設計検討(デザイン段階から問題点をクリア)
  ・解析(強度、スプリングバック、風洞など)
  ・CAD化 → CGによるレビュー
 ●部品
  ・試作部品、量産品の性能評価
  ・ノウハウ(現場調整)を設計にフィードバックする
  ・共用・購入部品をデジタル化し設計検討
  ・金型データ作成
  ・流用設計、再生産
  ・解析(自社部品、他社部品)


 
 

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容