ガス分析

NDIRガス分析

概要

様々なガスは各種のガス特有の赤外線吸収波長があります。その特徴を利用したガス計測の方法にNDIR方式(Non Dispersive Infrared)があります。赤外光源より照射された赤外線は広域の波長を含んでおりますが、ガスセルの中のガスによる吸収でそのガス特有の波長の赤外線は、ガス濃度に応じた割合で減衰します。このガスの吸収波長と吸収の影響を受けない参照波長でのセンサからの信号を比較することで、ppmレベレでの高精度な分析・検知ができます。

特徴

・ガスの分離不要
・高性能・高感度
・高い信頼性
・長寿命

主な使用用途
・自動車の排ガス測定
・室内環境のモニタリング
・ガス漏れ検知
・火災検知
・アルコール検知
・冷媒ガス・地球温暖化ガス
・その他各種ガス計測

NDIRに必要な部品
【赤外光源】
ブロードな波長帯を発光する熱型光源や単一波長のみを発光する量子型光源(LEDやLD等)から幅広く選択出来ます。用途に合わせて最適な光源をお選び頂けます。

【赤外線検出器】
目的に応じた波長特性、感度、応答周波数、必要チャンネル数など多数のバリエーションを用意。冷却方法や内臓アンプなどのオプションも豊富に取り揃えておりますので、最適な選択へのお手伝いが可能です。(熱型センサ:焦電センサ、サーモパイル、ボロメーター 量子型センサ:InGaAs, InSb, PbS, PbSe, MCT, その他PD)

【フィルタ】
特定の波長だけをより精密にフィルタリングするための干渉膜フィルタ、その他も潤沢にご用意しております。

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容