交通プローブデータ

Road Surface Information

概要

コネクティッドカーを利用してクラウドに集約されたTGIの情報を、路面のフリクション情報に変換し地図上にマッピングすることで、高次元な路面状態の情報を発信するプラットフォームを提供しています。

滑りやすい路面状態、ポットホールや路面の歪みなどの危険な路面性状、ハイドロプレーニングを引き起こす可能性がある路面状態など、安全走行を損なう道路状態の位置情報をご利用可能です。

特徴

滑りやすい路面状態、ポットホールや路面の歪みなどの情報を、車載の警報装置やナビゲーションシステムと連動させることで、ドライバーに対し事前に発報、注意喚起を行うことが可能です。

また、ルート解析に適用すれば、より安全なナビゲーションの実現や、交通管理への適用など、二次的なデータ活用によって更なるサービスの展開も期待できます。

自動車に再適用可能な連続的なフリクション、段階的な路面粗さ指標、ポットホールやスピードバンプなど、RSIのすべての情報がご利用頂けるサービスレベルもあり、路面の状態に合わせて動的に変動させるACC、AEB、回生ブレーキ、AWDトルク制御、サスペンション制御など、自動運転レベル2を支える情報の取得が可能になります。

高解像のデータセグメント、リアルタイム更新で、ダイナミックでありかつレーンごとの路面情報も随時提供を予定しております。

ビッグデータの量によっては、自動運転レベル3への活用も可能です。

PDFダウンロード

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容