脱輪防止機能

Loose Wheel Indicator

概要

不適切なトルクで絞められたホイールナットは、走行時の振動で徐々にゆるんでいきます。

LWIはナットのゆるみから発生する車輪のゆるみを検知し、ドライバーに知らせることで、脱輪事故の発生確率を低下させます。

Audi A6/7, A8, Q7/8において、高安全性機能として実装されています。

特徴

多くの場合で脱輪は、標準装備ではないタイヤを装着した際に、規格の異なるボルトとナットの使用で、強すぎるまたは弱すぎる締め付けトルクが原因として引き起こされます。

LWIは、TPIの開発で培った車輪速信号解析技術を活用し、ボルトの緩みと相関を持つノイズ成分の抽出を行い、4輪のうちどの車輪が脱輪の危険性があるか、ドライバーもしくは車両管理者に知らせることができます。

タイヤの摩耗や乗車人数の変動による荷重の変動、ドライビングスタイルの個人差に対するロバスト性が高く、あらゆるタイヤやリムに対応します。
追加のセンサーハードウェアを必要としないので、原価コストゼロ、安価なインテグレーションコストで高い安全性と顧客満足度を獲得することができます。

PDFダウンロード

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容