疲労耐久シミュレーション

複合材進展性損傷/破壊評価解析ソフトGENOA/MCQ

概要

GENOAは、材料特性、耐久性&損傷トレランス(Durability&Damage Tolerance:D&DT)、信頼性エンジニアリングの統合ソフトウェアです。

このソフトウェアは、Multi-scale (Micro-macro) Progressive Failure Analysis (PFA)機能により、汎用FEAパッケージの制限を拡大します。

Advanced failure mechanisms(matrix, fiber, lamina, laminate, Honeycomb sandwich)を使うことにより、静的、周期的(低/高サイクル疲労、2段階)、Power Spectrum Density (PSD)と熱荷重により引き起こされた損傷から材料の劣化まで構造応答を研究することが可能です。

さらにGENOAのPFAは、製造欠陥(形状、サイズ)、ファイバー波形、残留応力、湿気および温度の影響を説明します。 材料システムの幅広い領域は、金属、セラミック、複合材とナノ複合材を含めて取り扱うことが可能です。GENOAは、従来の2Dテープおよび繊維ラミネート・レイアップだけでなく3D波形、braids、短繊維も分析することが可能という点で独特です。

MCQ(Material Characterization and Qualification)は設計ユーザーに、ユーザーフレンドリーなグラフィックユーザーインターフェイス(GUI)により容易に利用可能な、高精度、最先端の複合材解析ツールを提供します。

MCQは、有限要素解析の単純または複雑な構造部品の入力として使用可能な、特性と品質材料プロパティを材料、構成情報から算出します。また、疲労特性、ダメージ進展評価、バラツキ評価解析など、様々な材料評価解析を高速に計算実行することが可能です。

特徴

自動車向けの利用例として、不連続繊維複合材の構造衝撃破壊解析、COPV-水素タンク設計の最適化、3DPrinterモデル解析が挙げられる。

非均質化法を用いた不連続繊維複合材の解析機能は、米国エネルギー省での自動車向け不連続繊維複合材適用の研究でも用いられており、一般的な均質化法では得られない材料特性挙動を反映した解析を実現している。
COPV-水素タンク設計解析では、確率統計理論に基づいたバラツキ評価解析機能を用いることで、損傷を考慮した製品設計の最適化を実現している。

3DPrinter向けの解析機能は、3Dプリンタ用CADデータと連携することで、不連続繊維複合材構造の製造工程影響を反映した解析モデリングを実行、剥離損傷の発生を抑える製造工程の改善を解析で確認している。

・アプリケーション例
  ・自動車:
    ・複合材の圧壊&衝突、衝撃解析など
    ・不連続繊維複合材(SMなど)の構造衝撃破壊解析
    ・COPV-水素タンクのフィラメント・ワインディング成形など
  ・航空宇宙:
    ・複合材の疲労寿命予測、き裂進展予測, 材料の特性評価:
    ・許容強度,製造時のスプリングバック、硬化、欠陥の影響
  ・エレクトロニクス:
    ・熱-構造変形(ボールグリッドアレイ)
  ・インフラ:
    ・複合材橋、パイプ、海上石油掘削プラットフォーム  
  ・タービンブレード
  ・スポーツ用品








この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容