流体解析

オートノマスメッシング熱流体解析プログラム CONVERGE

概要

CONVERGEは熱流体解析において高い計算精度を目指すとともに、解析業務におけるボトルネックの最小化を実現した画期的なソフトウェアです。自動車エンジン筒内をターゲットに据えて開発がスタートして以来、 数多くの適用実績があります。

キーワード:設計・解析サービス、モデルベース開発(MBD)

特徴

3次元流体解析の新たな可能性を!熱流体解析プログラム
「CONVERGE」のご紹介


■流体解析の際に、計算どころか流体内部にメッシュを作成すること自体に時間がかかったというご経験はありませんか?
CONVERGEの掲げるコンセプトのひとつに「メッシュ作成作業からの解放」があります。計算中に自動的にメッシュを生成するという革新的な機能によって作業工数を劇的に削減します。
完全自動メッシュ生成のメリットは、作業効率改善にとどまりません。
原理上いかなる複雑な形状であっても適用が可能なうえ、バルブのように移動する界面に対しても簡単に適用することができます。そのため、移動境界問題に対する適合性が、他のソフトウェアに比べて著しく向上しています。
メッシュは流体解析にとって理想的な直交格子を採用し、さらに解適合格子をはじめとする多くのメッシュ制御機能によって、計算負荷を抑制しつつより高い精度のシミュレーションを可能にします。

CONVERGEによる筒内計算ソリューション ~自動メッシュ生成ソルバーによる流体解析(CFD)~
・ガソリンエンジンのノッキング解析
・ディーゼルエンジン筒内の噴霧燃焼解析
・ポート噴射ガソリンエンジン噴霧燃焼+固体温度解析
・2ストロークエンジン解析
・対向ピストンエンジンの噴霧燃焼解析
・ロータリーエンジン流動解析
・マルチフィジックス・システムシミュレーションツール「GT-SUITE」と連成したエンジン吸排気計算




ガソリンエンジン部材温度予測解析


■幅広い物理現象に対応するための機能も豊富に搭載されています。
乱流モデル、噴霧モデル、燃焼モデルにおいては、エンジン筒内のシミュレーションにかかせない実績十分な物理モデルをとりそろえています。さらに流体力と構造変位の連成(FSI)、混相流解析、流体と固体の熱連成、輻射などあらゆるシチュエーションに対応可能な機能が含まれています。

特に燃焼モデルについては、総括反応型の燃焼モデルに加えて、素反応レベルまで考慮した詳細化学反応を高速に計算するソルバーオプションを数多く用意しています。従来は取り扱うことが困難であった大規模な詳細化学反応メカニズムを、現実的な計算時間で処理することができるようになりました。

【先進的で効率的なエンジン筒内ソリューション】
CONVERGE登場以前のバルブ・ピストンの移動を伴う筒内解析は、メッシュ作成や物理モデルの難易度から、特殊技能を持つCFDエンジニアの“職人技”だとされてきました。
CONVERGEはその画期的な特長により、2日間の操作トレーニングをご受講いただければ、自由自在に筒内解析を実施いただけるほどの使いやすいソフトウェアであり、世界中でエンジン解析にご活用いただいています。
昨今の内燃機関の設計・開発プロセスにおいては、カーボンニュートラル達成のためのさらなる燃費向上が要求される一方で、ニューノーマル時代に適応するために実験や適合工数の削減が必須で、より一層効率的に開発を進めることが求められています。
●あらゆる燃焼形態やエンジン構造への適応
●あらゆる新燃料や複合燃料への適応
●効率的かつ標準化された筒内解析の実現
●IDAJによる技術開発コンサルティング
詳細はこちら! ⇒ https://www.idaj.co.jp/product/converge/special-edition2/

【適用例:塗装プロセス解析】
CONVERGEには、塗装プロセス解析に必要な噴霧モデルを搭載しています。そのため、浸漬塗装やスプレーガンを使った塗装、塗工液のコーティングのような解析に適用することができます。これら多くの塗装プロセスでは移動物体を含みますが、CONVERGEでは複数物体の移動を容易に考慮でき、またメッシュは完全自動で生成されるため移動境界問題に対する適応性が非常に高いのが特長です。
・ホイールの水洗い解析
・車両フレームの移動を伴う乾燥プロセスの流体解析
・スプレーガンの塗料・エア噴射解析
・塗布成立可否予測





デポジット堆積予測モデルを用いたデポジット高さ分布


CONVERGEは、Convergent Scienceにより開発されました。

この製品についてお問い合わせする

企業名
ご担当者名
メールアドレス
ご連絡先
ご質問内容