セミナー情報

SIP自動走行システムヒューマンファクター研究開発 2016年度成果発表シンポジウム【産総研】


※本シンポジウムは定員となり、申込み締切となりました。

  

開催概要

日  時 2017年7月28日(金) 9:30~17:00
会  場 学校法人 慶應義塾 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
■アクセス■
【JR】   山手線/京浜東北線 「田町駅」西口 徒歩8分
【地下鉄】 浅草線/三田線 「三田駅」A3またはA10出口 徒歩7分
        大江戸線 「赤羽橋駅」赤羽橋口 徒歩8分
定  員 200名 〈定員になり次第締切〉
参 加 費 無料 〈事前登録制
主  催 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
「自動走行システムの実現に向けたHMI等のヒューマンファクターに関する調査検討」コンソーシアム (国立研究開発法人 産業技術総合研究所/国立大学法人 筑波大学/学校法人 慶應義塾 慶應義塾大学/ 株式会社デンソー/東京都ビジネスサービス株式会社)
共  催 内閣府SIP自動走行システム推進委員会
後  援 日本人間工学会/自動車技術会/日本機械学会

  

  

  

プログラム

オーラルセッション(敬称略)
司会者 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター 首席研究員 赤松 幹之
9:30~
9:40

開会挨拶
内閣府 企画官
森下 信
 

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
理事・情報人間工学領域 領域長
関口 智嗣
9:40~
10:00
自動運転の研究開発動向
トヨタ自動車株式会社
先進技術開発カンパニー 先進技術統括部 常務理事
SIP自動走行システム・プログラムディレクター
葛巻 清吾
10:00~
10:30
SIP自動走行システム ヒューマンファクター研究開発の背景と狙い
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター 研究センター長
SIP自動走行システム ヒューマンファクター研究開発プロジェクトリーダー
北﨑 智之
10:30~
11:10
課題A「自動走行システムの機能・状態・動作の理解に関わる課題」の成果概要
国立大学法人 筑波大学
システム情報系 教授
研究開発プロジェクトサブリーダー
伊藤 誠
11:10~
11:50
課題B「ドライバーの状態と自動走行システムの動作に関わる課題」の成果概要
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター チーム長
研究開発プロジェクトサブリーダー
佐藤 稔久
 
株式会社デンソー
ADAS推進部 情報HMI開発室 担当部長
研究開発プロジェクトサブリーダー
田中 裕章
11:50~
13:10
ランチ/ポスター自由閲覧
※シンポジウム会場内での飲食は原則禁止となっております。
13:10~
13:50
課題C「自動走行システムと他の交通参加者とのインターフェースに関わる課題」の成果概要
学校法人 慶應義塾 慶應義塾大学
理工学部 教授 研究開発プロジェクトサブリーダー
大門 樹
13:50~
14:10
自動運転HMI標準化の取組み
一般財団法人 日本自動車研究所 所長補佐
ISO TC22/SC39/WG8 自動運転 Terms&Definitions TFコンビナー
小野 古志郎
14:10~
14:30
自動運転実用化に向けた、日本自動車工業会の取り組み
株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 上席研究員(特任)
日本自動車工業会 自動運転研究会 主査
横山 利夫
14:30~
14:40
休憩
ポスターセッション(敬称略)
司会者 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
自動車ヒューマンファクター研究センター
チーム長 武田 裕司
14:40~
15:10
ポスターセッション(ショートプレゼン 3分×10件)
●課題A「 運転引継について持つべき知識の内容」
 筑波大学大学院 朴木 俊也
●「運転介入が必要な状況に関する知識を汎化しやすい表現」
 筑波大学大学院 豊田 健志
●「運転介入の必要性に関する表現主体:システム視点かドライバ視点か」
 筑波大学 システム情報系 研究員 周 慧萍
●自動走行の知識に関する調査(ウェブ調査)
 東京都ビジネスサービス株式会社
 保坂 圭太
●課題 B「 自動走行中のドライバー状態評価指標の抽出:瞬目・眼球運動・視認行動の検討」
 産業技術総合研究所 阿部 高志
●「自動走行中のサブタスクがドライバーの心拍・血圧反応に及ぼす影響」
 産業技術総合研究所 崔 多美
●「わき見・意識のわき見が引き起こすテイクオーバーパフォーマンスの低下」
 株式会社デンソー 千葉 元気
●課題 C「 車両同乗観測に基づくドライバー・歩行者間コミュニケーションの手続きに関する研究」
 慶應義塾大学大学院 横田 直樹
●「公道観測から見えるドライバー間コミュニケーションに関する研究」
 慶應義塾大学大学院 中村 大希
●コミュニケーションの地域性に関する調査(ウェブ調査)
 東京都ビジネスサービス株式会社
 保坂 圭太
15:10~
17:00
ポスター発表
※当日発表者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  

  

  

お問い合わせ

シンポジウム事務局
〒135-8073 東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル 5F
東京都ビジネスサービス株式会社 クロスマーケティング部
Tel.03-6426-0482