検索結果

「#KYB」の検索結果

二輪車用電子制御サスペンションシステム“KADS”を開発【KYB】

2020年12月1日 当社は二輪車両向けに、制御技術と油圧技術を統合した電子制御サスペンションシステム“KADS”※1※2を量産化いたします。システムとして当社独自の‘グランドフック’コンセプトを提唱し、ライダーはあたかもタイヤが地面に吸付くような接地感(安心感)を得られ、ライディングスキルを支援し、高い操縦安定性...

アジアクロスカントリーラリー2019KYB と TEAM JAOS の挑戦【KYB】

2019年7月31日 今年で 24 回目となるアジアクロスカントリーラリー2019(以下 AXCR)が 2019 年 8 月 10 日(土)より 7 日間、タイ王国及び、ミャンマー連邦共和国にて開催されます。2017 年から 3 年連続で「TEAM JAOS」のコ・ドライバーとして、KYB 株式会社(以下 KYB)社員である田中一弘が参戦します。また 「TEAM JAOS...

トヨタ自動車株式会社様より「新型クラウン」のプロジェクト表彰「技術の部」受賞【KYB】

2018年8月24日 当社は、油圧ダイレクト制御方式ポンプを採用したポンプ・モータ分離型走行用HST(Hydro Static Transmission)を開発しましたのでお知らせいたします。 KYB株式会社 (以下 KYB)は、トヨタ自動車株式会社 様「新型 クラウン」のプロジェクト表彰式(2018年6月27日)におきまして、KYB独自の技術開発...

ポンプ・モータ分離型走行用HST(Hydro Static Transmission)を開発【KYB】

2017年2月8日 当社は、油圧ダイレクト制御方式ポンプを採用したポンプ・モータ分離型走行用HST(Hydro Static Transmission)を開発しましたのでお知らせいたします。 1.特徴1)特徴ポンプは油圧ダイレクト制御方式を採用しており、エンジン回転数と負荷圧力の両方に対応して走行速度を制御可能です。これにより走行...

レース用電動パワーステアリングの取り組み【KYB】

2016年9月20日 レース用電動パワーステアリング(EPS)の取り組み~ル・マン24Hrレース LMPクラス採用率72%~ 1.レース市場への参入当社は1994年より全日本ツーリングカー選手権車両向けを皮切りに、2001年にはル・マン24Hrレースを走行する車両向けに電動パワーステアリング(EPS)の供給を開始しました。近年は車両...

減衰力応答性改良ショックアブソーバを開発【KYB】

2016年5月13日 当社は、優れた減衰力応答性により操舵感および乗心地の質感向上を実現した、自動車向けショックアブソーバを開発しので知らせいたします。本製品は、今般発売されました当社お客様のトヨタ自動車㈱製「プリウス」に採用されています。 1.技術的特徴 ・コンピュータる流れ解析により、構成部品の...

欧州自動車メーカーへの販売拡大に伴う欧州拠点生産能力増強【KYB】

2013年12月27日 当社はこれまで欧州自動車メーカーへの販売拡大活動の強化を行ってまいりましたが、今年度PSA・プジョーシトロエン社(以下 PSA社)のコアサプライヤーに認定され、当社欧州生産拠点にてPSA社向けショックアブソーバ(以下 SA)の生産・納入の拡大を行っております。当社欧州生産拠点の欧州自動車メーカ...

合弁事業開始に関するお知らせ【KYB/ヤマハ発動機】

2013年1月29日 KYB㈱(以下 KYB)とヤマハ発動機㈱(以下 ヤマハ発動機)は、以下のとおり合弁事業を開始します。 1. 合弁事業の目的 油圧緩衝器専門メーカーと二輪車メーカーの両社それぞれが保有する経営資源やノウハウを相互に活用することで、二輪車用油圧緩衝器等のグローバル供給体制を整備し、世界トップ...

ハイロー型コンクリートミキサ車が 「未来技術遺産」に登録 【KYB】

2011年9月29日 KYBのハイロー型コンクリートミキサ車が、日本の科学技術の発展を示す貴重な資料として「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)として登録されました。  これは国立科学博物館が「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ科学技術史資料」及び「国民生活、...

  • 1