検索結果

「#IoT」の検索結果

IoT向け通信規格「LTE-M」を活用して運搬車両の運行状況を見える化【NTTドコモ】

2018年2月14日 IoT向け通信規格「LTE-M」を活用して運搬車両の運行状況を見える化~米国でIoTソリューションの実証実験を開始~  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、人工知能を活用したドコモのリアルタイム移動需要予測技術※1で未来のタクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー®」を、2018年2月...

ルノー・日産自動車・三菱自動車、「Microsoft Azure」をベースとした「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げ【日産自動車】

2019年3月20日 ・「Microsoft Azure」をベースとした「アライアンス インテリジェント クラウド」を活用し、  最新のコネクテッドサービスを提供 ・ルノー、日産自動車、三菱自動車が車両を販売している200の市場のほぼすべてで、  コネクテッドサービス用のインフラとして同クラウドを使用 ・今年中に、ルノー...

高機能NXドライバ CEマーキング適合品に拡張【日東精工】

2019年3月20日 高機能NXドライバ CEマーキング適合品に拡張 ~ 高機能SD600Tシリーズを海外規格に対応 ~ ■はじめに    日東精工株式会社(代表取締役社長:材木正己、本社:京都府綾部市井倉町梅ヶ畑20番地、東証一部上場、https://www.nittoseiko.co.jp/)は、トルク表示付ACサーボねじ締めドライバ...

トプコンと住友商事、インドネシアに合弁IoTカンパニーを設立【トプコン】

2019年1月30日 トプコンと住友商事、インドネシアに合弁IoTカンパニーを設立~ASEAN及びインドの成長市場で戦略的パートナーシップを構築~ 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡、以下「トプコン」)と住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員 CEO:兵頭 誠之、以下「住友商事...

【IoTを活用した社会実装実験】 コミュニティバスのっティの現在位置がリアルタイムでわかる。 平成31年1月8日(火)から、3月15日(金)まで、アプリを一般公開【金沢工業大学】

2019年1月8日 金沢工業大学「BusStopプロジェクト」(情報工学科4年 平櫻瞭太郎さん、電気電子工学科3年 田坂駿さん、電気電子工学科1年 房崎慎平さんを代表とした38名の学生にて構成)は、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の現在位置がわかる「バスどこシステム」のアプリを平成31年1月8日(火)から、3月1...

ERMと共同でWi-Fiホットスポット内蔵の車両追跡デバイスを発売【ユーブロックスジャパン】

2018年11月9日 ユーブロックス、ERMと共同でWi-Fiホットスポット内蔵の車両追跡デバイスを発売 2018年11月8日、スイス、タルウィル – スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表仲哲周)は、デバイスベースのテレマティクス・ソリューションのプロバイダーであるERM...

MTS Systems Corporation製 Temposonics® 「R-Series V」の販売開始【東陽テクニカ】

2018年10月29日 ~ 耐環境性向上・業界最小クラス、 IoT対応の磁歪式直線変位センサ ~MTS Systems Corporation製 Temposonics® 「R-Series V」の販売開始  株式会社東陽テクニカ(本社︓東京都中央区、代表取締役社長︓五味 勝)は、MTS Systems Corporation の Sensors Division(本部︓米国ノースカロライナ州キ...

自動運転EV向けクラウドIOTソリューションセンターを開設  Excelforeが日本でのOTAサポート体制を拡大【Excelfore Japan】

2018年10月25日 スマートモビリティネットワークのソリューションを提供するExcelforeは、米国カリフォルニア州のフリーモントで現地時間2018年10月25日に、新たにカスタマーソリューションサポートオフィスを東京で開設すると発表しました。 これにより既存のエンジニアリング開発センターに加え、日本市...

人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します【日本無線】

2018年9月6日 人工知能を活用した交通信号制御の高度化に関する共同研究を開始します-国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構と研究開発についての業務委託契約を締結- 日本無線株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:荒 健次)は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(所...

業務用車両向けクラウド活用型車両管理サービス「SAFE-DR」に安全運転を目的とする「自動解析プログラムを使用した映像解析による走行診断サービス」の提供を開始【クラリオン】

2018年7月31日  クラリオン株式会社の国内販売会社 クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:前田 博司、以下、クラリオンS&M)は、業務用車両向けクラウド活用型車両管理サービス「SAFE-DR™」(Smart Access for Enterprise-Drive Recorder)(*)の新サービ...