検索結果

「#EMI」の検索結果

大型部品向け・高精度3Dスキャニングソリューション『HandySCAN 3D|MAX Series』を『人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA』に出展【アンリツ】

2024年5月20日    大型部品向け・高精度3Dスキャニングソリューション『HandySCAN 3D|MAX Series』を『人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA』に出展    アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、CREAFORM社のハンドヘルド型3Dスキャナー『HandySCAN 3D|MA...

妨害電力計測用ソフトウェア「EPX/RFP」、「ES10/RFP」を開発・販売開始【東陽テクニカ】

2023年11月14日    妨害電力計測用ソフトウェア「EPX/RFP」、「ES10/RFP」を開発・販売開始 ~最新の計測器を活用できる機能でEMI測定業務の効率を向上~    株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野 俊也(こうの としや)、以下 東陽テクニカ)は、家電...

国際規格に完全適合、ギャップレスFFT機能を搭載 EMIレシーバー「ER9000」販売開始【東陽テクニカ】

2023年7月26日    国際規格に完全適合、ギャップレスFFT機能を搭載 EMIレシーバー「ER9000」販売開始 ~伝導ノイズの測定時間を大幅に短縮、利便性の向上と高精度な評価を実現~    株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野 俊也(こうの としや)、以...

ローデ・シュワルツがシュツットガルトのEMV 2023で新しいEMIテスト・レシーバを発表―最大30 MHzでのエミッション測定に対応

2023年3月23日    ローデ・シュワルツがシュツットガルトのEMV 2023で新しいEMIテスト・レシーバを発表 ―最大30 MHzでのエミッション測定に対応    R&S EPL1000はCISPR 16-1-1に準拠したコンパクトかつフル機能のテスト・レシーバであり、最大30 MHzでのEMI測定を高速か...

高電力密度の電源設計を支援する業界初のスタンドアロン アクティブEMIフィルタICを発表

2023年3月29日    高電力密度の電源設計を支援する業界初のスタンドアロン アクティブEMIフィルタICを発表 システムの性能、効率、信頼性を最適化しながらより小型化、軽量化、手頃な価格のソリューションの設計を実現    テキサス・インスツルメンツ(TI)は、業界...

【測定時間を高速化、妨害波信号をより入念に解析】ローデ・シュワルツがEMIテスト・レシーバR&S ESWの帯域幅を1 GHzに拡大

2022年7月21日    【測定時間を高速化、妨害波信号をより入念に解析】ローデ・シュワルツがEMIテスト・レシーバR&S ESWの帯域幅を1 GHzに拡大  高いダイナミックレンジと測定精度を保ちながら、最大970 MHzでのリアルタイム測定が可能。業界最大の帯域幅で、市場最も高速なEMIテスト・...

東陽テクニカ製、EMI 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載の AI 解析技術で特許を取得

2022年2月24日    東陽テクニカ製、EMI 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載の AI 解析技術で特許を取得     株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野 俊也、以下 東陽テクニカ)は、自社開発の EMI※1 対策アシストソフトウェア「EMINT」に搭載して...

パーソルAVCテクノロジー、車載機器向けEMI測定サービスの提供を開始【パーソルホールディングス】

2021年10月27日    パーソルAVCテクノロジー、車載機器向けEMI測定サービスの提供を開始 ~CASE・MaaSなど高機能化・複雑化が進む車載機器の誤作動を引き起こす電磁障害を事前に測定、安全性確保に貢献~    総合人材サービスのパーソルグループにおいて、技術ソリューションを...

簡易版EMI計測ソフトウェア「ES10/LE」を開発、販売開始【東陽テクニカ】

2021年11月29日    簡易版EMI計測ソフトウェア「ES10/LE」を開発、販売開始 ~さまざまな産業の製品開発サイクルの短縮に貢献~     株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野こうの 俊也としや 、下 東陽テクニカ)は、電磁界プローブや小型電波暗箱を用...

インダクタ: 車載電源回路用小型インダクタの開発と量産【TDK】

2021年7月20日    インダクタ: 車載電源回路用小型インダクタの開発と量産    ・小型サイズ L:2.0 × W:1.25 × H:1.0(mm) ・動作温度範囲 -55 ~ +150℃に対応(自己温度上昇含む) ・樹脂電極構造による機械的ストレス、熱衝撃に対する信頼性の向上 ・AEC-Q200 Rev D準拠 ...