検索結果

「#CNT」の検索結果

世界一長尺なカーボンナノチューブフォレストの成長に成功【早稲田大学】

2020年10月27日 世界一長尺なカーボンナノチューブフォレストの成長に成功~14cmを実現する新規成長方法の開発~ 発表のポイント  ・カーボンナノチューブ(CNT)は優れた物性を持ち、様々な分野での応用が期待されているが、   長尺に成長させることが難しく、実用化を妨げる要因となっている。  ・高い...

裁断やハンドリングが可能な高熱伝導カーボンナノチューブ接着シートを開発【富士通】

2020年4月17日 J裁断やハンドリングが可能な高熱伝導カーボンナノチューブ接着シートを開発従来比3倍の高熱伝導性を実現、放熱材料としての実用化が可能に 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、最高で100 W/mK(ワット毎メートル毎ケルビン)(注2)と極めて高い熱伝導性を有するカーボンナノチュー...

静電気放電(ESD)対策が必要な造形物に最適な効果! 日本3Dプリンターが、クラリアント(Clariant AG)製フィラメントによる造形レポートを公開【日本3Dプリンター】

2020年3月5日 強化ポリエチレンフレタート(PET)素材にカーボンナノチューブを配合して、静電気の拡散性をもつフィラメント「ESD safe PET-G」を使い、幅100×奥行86.5ミリのトレーを造形。 「Raise3D(レイズ3D)」日本総代理店として企業・教育機関向け3Dデジタルソリューションの提供などを手がけている日本3D...

大面積配列制御単層カーボンナノチューブ薄膜の 特異な光吸収特性を発見【首都大学東京】

2018年3月15日 大面積配列制御単層カーボンナノチューブ薄膜の 特異な光吸収特性を発見 ~新型半導体レーザーやフレキシブル熱電変換素子への展開に期待~ 【ポイント】 ●従来の研究では、ナノチューブの電子構造がいろいろと混ざっていたり、ナノチューブの向きが不規則で  あったり、フェルミレベルの調整が...

高弾性・高耐衝撃性プリプレグの開発について【帝人】

2018年2月15日 炭素繊維とCNTの複合化によるハイブリッド技術 高弾性・高耐衝撃性プリプレグの開発について  帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開する東邦テナックス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:乾 秀桂)は、このたび、当社が航空宇宙用途向けに展開する高強度・高弾性率の炭素繊維と、カー...

カーボンナノチューブ空気極により超高容量なリチウム空気電池を開発【科学技術振興機構】

2017年4月5日 カーボンナノチューブ空気極により超高容量なリチウム空気電池を開発~リチウムイオン電池の15倍! 電気自動車でガソリン車並みの走行距離実現へ前進~ 1.国立研究開発法人 物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 ナノ材料科学環境拠点 リチウム空気電池特別推進チームの久保 佳実チー...

カーボンナノチューブのスピーカー材料への応用【GSIクレオス】

2016年10月12日 カーボンナノチューブのスピーカー材料への応用―三菱電機㈱がスピーカー振動板の充填材料として採用― ㈱GSIクレオス(東京都千代田区/代表取締役社長 中島浩二)が取り扱うカップ積層型カーボンナノチューブ(CSCNT)が、三菱電機㈱(東京都千代田区/執行役社長 柵山正樹)が製造する車載用スピーカー...

カーボンナノチューブのシート化技術確立に本格着手 次世代炭素材料で、EVの蓄電装置などの高容量化・小型化を実現【リンテック】

2014年3月12日 リンテック(本社:東京都板橋区 代表取締役社長:大内昭彦)とテキサス大学ダラス校(米国テキサス州)は、カーボンナノチューブ(筒状炭素分子:CNT)を、素材としての特性を損なうことなく薄いシート状に加工する新規技術の開発を進めてきました。そしてこのたび、当社は2016年度中の実用化に向け、米...

塗工・印刷可能な単層カーボンナノチューブコート剤を開発【産総研】

2014年3月4日 -単層カーボンナノチューブを低コストで利用可能に- NEDOのプロジェクト(※1)において、単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)と産業技術総合研究所(産総研)は、カーボンナノチューブ(CNT)(※2)を溶媒中に高濃度で分散させることによって、基板上に塗工・印刷が可能な単層CNTコート剤を得ること...

微量のカーボンナノチューブでフッ素樹脂を高機能化 -添加量は従来の1/1000、低コストの製造プロセスを確立-【大陽日酸】

2014年1月22日 NEDOのプロジェクトにおいて大陽日酸㈱は、カーボン材料とフッ素樹脂の複合材料の製造工程で独自のカーボンナノチューブ※1(CNT)を用いて、カーボンの添加量を従来の1/1000程度に抑えつつ、導電性・熱伝導性・機械特性を備えた高機能フッ素樹脂を開発しました。さらに、簡便かつ低コストの高機能フッ...