検索結果

「#ADAS(先進運転支援システム)」の検索結果

株式会社SUBARU、新世代「アイサイト」運転支援プラットフォームに オン・セミコンダクターのイメージセンシング技術を採用

2020年9月24日 株式会社SUBARU、新世代「アイサイト」運転支援プラットフォームに オン・セミコンダクターのイメージセンシング技術を採用オン・セミコンダクターとSUBARUが、新たなマシンビジョン・アルゴリズムと センシング技術を用いた最先端のADAS機能を再定義2020年9月24日(米国2020年9月23日発表): 高効率エ...

一般道での自動運転実用化に向け、安全な走行を実現するための 高精度な追従走行を可能にする技術を開発【日立オートモティブシステムズ】

2019年10月11日 日立オートモティブシステムズ株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)は、一般道での自動運転車両の実用化に向け、大きな舵角で旋回をするような場面や、他車両や歩行者の急な飛び出し、また、路上の落下物を回避するための急旋回が必要な場面におい...

自動運転・ADAS用外付制御ユニットの提供を開始【日本システムウエア】

2019年10月7日 NSW、自動運転・ADAS用外付制御ユニットの提供を開始~農機・建機・AGV・ロボットなど様々な走行装置に接続可能な汎用デバイス~ ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、既存の走行装置に取り付けることで自動運転...

ルネサスとStradVision、次世代のADAS向けスマートカメラ開発で協業【ルネサスエレクトロニクス】

2019年9月26日 ルネサスとStradVision、次世代のADAS向けスマートカメラ開発で協業~ディープラーニングによる物体認識を、高精度に低消費電力で実現する、スマートカメラ用ソリューションを提供開始~ ルネサス エレクトロニクス株式会社(東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)と、車載...

先進安全・運転支援機能を追加できるソフトウェアを発売【ボルボ・カージャパン】

2019年2月20日 ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役社長:木村隆之、本社:東京都港区)は、2016~2018年式90シリーズ(S90、V90、V90 Cross Country、XC90)向けに先進安全・運転支援技術の最新機能4 種を追加するアップグレードソフトウェアを本日より発売します。 追加できる先進安全・運転支援機能 ・...

「悪天候に対応可能な車載向けセンシング技術」を開発【三菱電機】

2019年2月13日 自動運転や運転支援システムの作動環境が拡大「悪天候に対応可能な車載向けセンシング技術」を開発  三菱電機株式会社は、濃霧や豪雨などの悪天候時でも、車両周辺の状況を高い精度で検知できる「悪天候に対応可能な車載向けセンシング技術」を開発しました。車載センサーの検知精度が著しく低下する悪...

ペダル踏み間違い時の急発進を抑制する後付け安全装置を発売【ダイハツ工業】

2018年12月5日 ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、既販車を対象に、ペダルを踏み間違えた際などに起きる急な 発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止(ぼうし)」を12月5日(水)から全国一斉に発売する。 本装置は、ペダルの踏み間違い事故による衝突被害を軽減することを目的に開発したもので、...

後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売【トヨタ自動車】

2018年12月5日 TOYOTA、後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売-保有車の安全・安心をサポート、「プリウス」、「アクア」から販売開始-  TOYOTAは、販売店装着の純正用品として、今お乗りいただいているクルマに取り付けることが可能な「踏み間違い加速抑制システム」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて12月5...

CACC及びLKA技術を活用したトラック隊列走行の 後続車有人システム実証実験に参加【三菱ふそうトラック・バス】

2018年12月4日 ●CACC※1に加えて新たな技術としてLKA※2を用いた実験 ●政府の進める「未来投資戦略2018」に基づく実証実験 三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、12月4日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パ...

普及型予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」搭載車のグローバル累計出荷台数1,000万台を達成【トヨタ自動車】

2018年11月26日 ・2015年導入以来、3年半で到達。現在、日米欧で9割の車両が装着。 ・追突事故7割減。低速域を担うインテリジェントクリアランスソナーとの組合せで9割減。 ・今後、更なる事故低減に向け、交差点事故対応の技術開発を推進。 ・68の国・地域に導入済み。2020年までに約100の国と地域に導入拡大。 ...