検索結果

「#高圧水素タンク」の検索結果

新開発の省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼が 燃料電池自動車新型「MIRAI」の高圧水素系部品に採用【愛知製鋼】

2020年12月10日 新開発の省資源高強度高圧水素用ステンレス鋼が 燃料電池自動車新型「MIRAI」の高圧水素系部品に採用 ~水素社会の早期実現と自動車の電動化に貢献~  愛知製鋼株式会社(代表取締役社長:藤岡高広)は、トヨタ自動車が2020年12月より販売する燃料電池自動車新型「MIRAI」の水素充...

燃料電池自動車(FCV)向け高圧水素タンクを生産するいなべ工場が稼働開始【豊田合成】

2020年8月28日 豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は12月10日、燃料電池自動車(FCV)の主要部品である高圧水素タンクを生産する「いなべ工場」(三重県いなべ市)でラインオフ式を開催しました。式典には、三重県の鈴木知事、いなべ市の日沖市長、トヨタ自動車株式会社 元町工場の岡田工場長...

2020年頃以降のFCV販売拡大に向け燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充【トヨタ自動車】

2018年5月24日 2020年頃以降のFCV販売拡大に向け燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充 -FCV年間販売3万台以上に対応。海外・日本での販売エリアを拡大- トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、燃料電池自動車(FCV)の普及に向け、2020年頃以降グローバルで年間3万台以上の販売を目指していますが、現...

水素貯蔵用高圧複合タンク向けの新しいポリアミド材料を開発【DSM】

2017年10月16日 DSM、水素貯蔵用高圧複合タンク向けの新しいポリアミド材料を開発水素燃料の普及に向けた課題を解決し、CO₂削減と持続可能性に貢献 ライフサイエンスとマテリアルサイエンスのグローバルカンパニーであるDSMでは、持続可能性への取り組みの一環として、DSMの高機能樹脂を用いた水素貯蔵用高圧複合タン...

日本での燃料電池車向け炭素繊維強化高圧水素タンク製造・販売事業の検証について【東レ】

2016年4月27日 三井物産㈱(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)、東レ㈱(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)、並びにHexagon Lincoln Inc.(*)(本社:米国ネブラスカ州リンカーン、社長:Jack Schimenti、以下「ヘキサゴンリンカーン」) の3社は、2016年4月25日に日本で車...

高圧水素タンクの「登録容器製造業者」として経済産業大臣の認可を取得【トヨタ自動車】

2014年8月29日 -燃料電池自動車用高圧水素タンクの製造が自主検査で可能となり、生産性向上に寄与- トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)は、高圧ガス保安法により定められているガス系燃料タンクの内、燃料電池自動車(FCV)用高圧水素タンクに関して、自主検査により製造することができる「登録容器製造業者」として、...

  • 1