検索結果

「#複合材料」の検索結果

自動車業界におけるアディティブ・マニュファクチャリングとイノベーション【シーメンスPLMソフトウェア】

2018年5月11日 ブガッティ・オートモビルズ(以下、ブガッティ)はシーメンスのデジタル・ツインを活用することにより、1,500馬力のスーパースポーツカー「シロン」のパフォーマンスの限界をさらに推しあげています。業界最高の企業が協力してチームを結成し、スーパースポーツカー用に3Dプリントで出力したバイオニ...

金属樹脂複合部材の気密性を上げるには? ポリプラスチックス(株) 金属密着成功のポイントと金属密着グレードの紹介記事を公開【ポリプラスチックス】

2018年5月16日 ポリプラスチックス株式会社は、金属樹脂複合部材の設計時に役立つ安定した接合の要件と金属密着に適した素材の紹介記事「金属樹脂接合技術の適用提案」を5月16日に同社WEBサイトに公開しました。 ポリプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:塩飽 俊雄、以下、ポリプラスチックス)は、...

軽量化ニーズに応じたマルチマテリアル開発【日立金属】

2018年5月9日  日立金属株式会社(以下 日立金属)は、自動車の省燃費化、電動化など、車体の重量化傾向における課題の解決に向けて、このたびは素材のマルチマテリアル化の試作を実施しました。 1.背景  日立金属は、市場ニーズを捕捉し、自動車分野のグローバル市場においてさらなる成長をめざしています。特に、環...

ILJINとBASFスチールとプラスチックを融合させた 世界初のハイブリッド・サスペンションアームを発表【BASFジャパン】

2018年5月9日 (この資料はBASF本社が 2018年4月9日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。) ・スチールとBASFのポリアミドUltramid®で作られたハイブリッド・サスペンションアーム ・従来のスタンピングで作られるものと比べてアームが15%軽量化 ・ステアリング性能...

クラッド材の生産能力増強について【日立金属】

2017年7月13日 日立金属㈱(以下、当社)は、拡大するクラッド材の需要に応えるために、㈱SHカッパープロダクツ(以下、SHカッパー)にクラッド材の生産ラインを導入します。投資金額は約75億円です。これにより2020年度までにクラッド材事業の売上規模3倍(2016年度比)をめざします。 1.投資の目的 クラッド材とは...

高機能アルミ-セラミック複合材料(Al-SiC MMC) ワイヤの開発【ジャパンファインスチール】

2016年9月27日 高機能アルミ-セラミック複合材料(Al-SiC MMC) ワイヤの開発~難加工材である金属基複合材料の伸線技術を 開発、製品化~ ジャパンファインスチール㈱(所在地:山口県山陽小野田市、代表取締役社長:尾崎 則行)は、従来から保有している伸線加工技術を発展し、アルミ-セラミック複合材料のワイヤを...

植物材料ケナフを活用したエンジン関連部品を初めて開発【トヨタ紡織】

2012年2月14日 トヨタ紡織㈱(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、自動車の軽量化による燃費性能の向上、および二酸化炭素排出量削減を目指して、このほど従来のケナフ活用技術を応用したエアクリーナーケースを開発し、株式会社デンソーの商標にて、1月よりトヨタ自動車株式会社のクラウンコンフォート...

熱膨張が極めて小さな樹脂複合材料ペレットの量産化に成功【NEDO】

2012年2月9日 ―加工性はそのまま、熱膨張を制御可能に― NEDOの若手研究グラント(※1)の一環として、名古屋大学の竹中康司准教授は、(独)理化学研究所、㈱高純度化学研究所と共に、大きな負熱膨張特性(※2)を示すマンガン窒化物を熱膨張抑制剤として配合した樹脂複合材料ペレットを、産業利用に対応できる100 kg...

植物材料ケナフを活用した新たな自動車内装部品を開発【トヨタ紡織】

2012年2月9日 トヨタ紡織㈱(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、自動車の軽量化による燃費性能の向上、および二酸化炭素排出量削減を目指して、従来のケナフ活用技術を応用し、より軽量化したドアトリムおよびシートバックボードの基材を開発、1月にトヨタ自動車㈱から発売された新型レクサスGSに採用され...

ナノ構造制御技術による炭素繊維強化熱可塑性プラスチックの新規複合化技術開発について【東レ】

2012年1月24日 東レ㈱(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣)は、この度、ナノ構造制御技術の追求により、射出成形用の炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(熱可塑CFRP)における炭素繊維と樹脂の新たな複合化技術を開発しました。 今回の技術の適用により、長繊維の炭素繊維強化でありながら、相反する要件である熱可...