検索結果

「#環境省」の検索結果

「自動車排出ガスの量の許容限度」(昭和49年環境庁告示第1号)の一部改正について【環境省】

2018年6月5日 平成29年5月に取りまとめられた中央環境審議会「今後の自動車排出ガス低減対策のあり方について(第十三次答申)」を受け、本日、「自動車排出ガスの量の許容限度」(昭和49年環境庁告示第1号)の一部を改正しました。 1.改正の経緯  平成29年5月の中央環境審議会「今後の自動車排出ガス低減対策...

平成29年度再エネ等を活用した水素社会推進事業(地域再エネ水素ステーション導入事業・水素社会実現に向けた産業車両における燃料電池化促進事業)の公募について【環境省】

2017年6月8日 「平成29年二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再エネ等を活用した水素社会推進事業)」の執行団体である、一般社団法人 低炭素社会創出促進協会が本補助金の公募を開始しましたのでお知らせします。 1.公募について (1)事業概要「地域再エネ水素ステーション導入事業・水素社会実現に向け...

自動車排出窒素酸化物及び自動車排出粒子状物質の総量の削減に関する基本方針(自動車NOx・PM総量削減基本方針)の中間レビューの結果について【環境省】

2017年3月30日 自動車排出窒素酸化物及び自動車排出粒子状物質の総量の削減に関する基本方針(自動車NOx・PM総量削減基本方針)の中間レビューについて、平成27年11月から中央環境審議会大気・騒音振動部会自動車排出ガス総合対策小委員会において4回にわたり審議が重ねられ、平成29年3月23日に中間レビューの結果のと...

世界初!NCVプロジェクトが始動 ~ナノ・セルロース・ビークル・プロジェクト~【環境省】

2016年12月6日 鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を有する次世代素材CNF(セルロースナノファイバー)を活用し、CO₂削減に向けて平成32年に自動車で10%程度の軽量化を目標とするNCV(Nano Cellulose Vehicle)プロジェクトが始動しました。京都大学、産業環境管理協会をはじめ20の研究機関、企業等のサプライチェーン...

平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者の3次募集の採択結果について【環境省】

2016年9月9日 「平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者の3次募集」について、1件の応募があり、厳正な審査の結果、当該案件を採択しました。 1.事業の概要低炭素な水素社会を実現し、燃料電池自動車の普及・促進を図るため、再生可能エネルギー由来の水素ステーションの導入を加速させること...

平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進環境対応トラック・バス導入加速事業)の公募について【環境省】

2016年7月29日 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(先進環境対応トラック・バス導入加速事業)の執行団体である公益財団法人 日本自動車輸送技術協会が、当該補助金の公募を9月1日から開始しますので、お知らせいたします。この事業は、ハイブリッドトラックや大型天然ガストラックなど、先進環境対応トラック・バ...

特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律施行規則の一部を改正する案に対する意見の募集について【環境省】

2016年7月26日 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成27年法律第50号。以下「第5次地方分権一括法」という。)により、特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律(平成17年法律第51号。以下「オフロード法」という。)の改正が平成29年4月1日に施行されるこ...

平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者の2次募集の採択結果について【環境省】

2016年7月18日 「平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業に係る補助事業者の2次募集」について、4件の応募があり、厳正な審査の結果、4件を採択しました。 1.事業の概要低炭素な水素社会を実現し、燃料電池自動車の普及・促進を図るため、再生可能エネルギー由来の水素ステーションの導入を加速させることが必...

平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業の2次公募について【環境省】

2016年5月16日 環境省では、「平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業」の2次公募を開始します。本事業は、低炭素な水素社会の実現と、燃料電池自動車の普及・促進のため、再エネ由来の水素ステーションの導入に対して支援を行うものです。公募期間は、平成28年5月16日(月)から平成28年6月16日(木)(当日消...

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2015」の開催について【環境省】

2015年8月17日 Lets COOL CHOICE!~気持ちをひとつに、地球規模の栄冠を勝ち取れ!~「全日本エコドライブチャンピオンシップ2015」の開催について 環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い...