検索結果

「#燃料電池」の検索結果

本社工場に、MIRAI用FCシステムを活用した定置式FC発電機を導入【トヨタ自動車】

2019年9月18日 本社工場に、MIRAI用FCシステムを活用した定置式FC発電機を導入-実証運転を開始し、オフィスや工場など商用用途での実用性を検証-  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(以下、FC...

日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池セルスタックの 製造・販売を行う合弁会社の設立・共同運営に関する契約を締結

2019年7月5日  日本特殊陶業株式会社(社長:川合 尊、本社:名古屋市瑞穂区、以下NTK)と三菱日立パワーシステムズ株式会社(社長:河相 健、本社:横浜市西区、以下MHPS)は、このたび、固体酸化物形燃料電池(SOFC(注1))の発電要素である円筒セルスタック(注2)の製造・販売を行う合弁会社を共同で設立・運営す...

燃料電池や金属空気電池用ナノ粒子触媒の 大量生産に適した製造方法を開発【東京都立産業技術研究センター】

2019年5月16日 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)は九州大学と共同で燃料電池や金属空気電池用ナノ粒子触媒の大量生産に適した製造方法を開発しました。本研究の成果は、2019年5月5日に学術誌「Electrochemistry」に掲載されました。 研究概要・研究のポイント  燃料電池(※1)や金属空...

トラック、乗用車向け燃料電池の大規模生産で協業【ボッシュ】

2019年5月8日 トラック、乗用車向け燃料電池の大規模生産で協業 スタックの生産を手掛けるPowercell社と提携に合意 ボッシュは、車載燃料電池市場へ参入し、トラック、乗用車向けの燃料電池技術の飛躍的な進化への道を切り開きます。そのための重要なコンポーネントの1つが燃料電池スタックです。スタックは燃料電池...

新しい水素燃料自動車の基準に適合 燃料電池を搭載した電動小型低速車両での公道実証について【ヤマハ発動機】

2019年4月5日  ヤマハ発動機株式会社は、”切れ目のない車両共同利用サービス”の実現を目指して、燃料電池を搭載したプロトタイプ車両「YG-M FC」による公道実証を、4月18日から石川県輪島市の新交通システム“WA-MO(ワーモ)”の定期運行ルートを含んだ市街地コースにて行います。  燃料電池を搭載したこのプロト...

「来て!見て!なっとく!燃料電池バスで行く セントレア水素社会体験ツアー」を開催します。【愛知県】

2019年2月20日  中部国際空港(セントレア)空港島では、水素エネルギーの利活用拡大を目的に様々な取組が行われています。この度、愛知県では、これらの取組を広く皆様に知っていただくため、水素社会体験ツアーを開催します。このツアーは、イオンモール常滑から燃料電池バスに御乗車いただき、セントレア空港島を巡...

水素燃料電池二輪自動車等の国際基準を導入します【国土交通省】

2018年12月28日 水素燃料電池二輪自動車等の国際基準を導入します-道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部改正について- 圧縮水素ガスを燃料とする二輪自動車等に関する国際基準「水素燃料電池二輪自動車等に関する協定規則(第146号)」が国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)...

FC技術の活用による「貨物輸送のゼロ・エミッション化」を目指した米ロサンゼルス市港湾局(POLA)の新プロジェクトに参画【トヨタ自動車】

2018年9月15日 (米国時間2018年9月14日) FC技術の活用による「貨物輸送のゼロ・エミッション化」を目指した米ロサンゼルス市港湾局(POLA)の新プロジェクトに参画 ・カルフォルニア州大気資源局(CARB)が、4,100万米ドルの補助金交付候補として、本プロジェクトを選定 ・トヨタとケンワースはFC大型商用トラッ...

米国でFC大型商用トラックの改良型を公開【トヨタ自動車】

2018年7月31日 (米国時間2018年7月30日) トヨタ、米国でFC大型商用トラックの改良型を公開 -大気汚染対策へのさらなる貢献を目指し、加州における実証実験を拡充- トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(以下、TMNA)は、現地30日、米国の研究機関であるCenter ...

世界初、実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功【NEDO】

2018年7月4日 世界初、実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功―量産プロセスにも適用可能な拡散焼結技術により実現―   NEDO事業において、産業技術総合研究所は、世界で初めて実用サイズのプロトン導電性セラミック燃料電池セル(PCFC)の作製に成功しました。  PCFCは、理論的に...