検索結果

「#水素ステーション」の検索結果

「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」を受注開始【本田技研工業】

2018年11月21日  Hondaは、高圧水電解型の水素ステーション「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を本日より開始しました。スマート水素ステーション(SHS)70MPa  SHS 70MPaは、燃料電池自動車(FCV)に供給する高圧水素を製造・貯蔵・充填する装置で、高圧水電解型の水素ステーションとして世界初※1とな...

純水素燃料電池を製品化【パナソニック】

2018年11月1日 水素社会の実現に向けた取り組みを加速 純水素燃料電池を製品化 パナソニック株式会社は、持続可能な社会の実現を目指し、家庭用燃料電池「エネファーム」で培った技術を応用した水素エネルギー活用の取り組みを加速します。まずは、2021年4月を目途に「純水素燃料電池」を製品化します。 当社は、...

燃料電池自動車へセルフ式による水素補充を開始【岩谷産業】

2018年10月18日 燃料電池自動車へセルフ式による水素補充を開始~水素ステーション運営効率化への取組み~  岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:谷本光博、資本金:200 億円)は、イワタ ニ水素ステーション 芝公園(東京都港区)において、燃料電池自動車(FCV)へ水素を補 充する「セルフ式」を 10 月 15 ...

アンモニア分解ガスから燃料電池自動車の燃料水素を高効率で回収する水素精製装置を開発【大陽日酸】

2018年10月11日 アンモニア分解ガスから燃料電池自動車の燃料水素を 高効率で回収する水素精製装置を開発 アンモニア分解ガスから燃料電池自動車注 1)用高純度水素を高効率で回収する水素精製 装置を 10Nm3/h の規模で開発し、水素回収率注 2)90%を初めて達成しました。また、10% のオフガスをアンモニア分解用...

水素活用による、鉄道と自動車のモビリティ連携の検討を開始【トヨタ自動車】

2018年9月27日 水素活用による、鉄道と自動車のモビリティ連携の検討を開始-地域と協調し、サスティナブルな低炭素社会の実現に貢献- トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、地球温暖化問題やエネルギーの多様化などに対応したサスティナブルな低炭素社会の実現に向け...

敦賀市で再エネ水素インフラ設備「H2Oneマルチステーション™」を設置【東芝エネルギーシステムズ】

2018年8月6日  福井県敦賀市(以下、「敦賀市」)と東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝エネルギーシステムズ」)は、水素サプライチェーン構築に関する基本協定の締結を行い、本日締結式を行いました。今年度より2021年度まで、敦賀市内で実用化にむけた水素サプライチェーン構築の検討を行います。...

シェルとトヨタ、米国カリフォルニア州で商用トラック用の大型水素ステーション建設に向けて協力【トヨタ自動車】

2018年4月20日 シェルとトヨタ、米国カリフォルニア州で商用トラック用の大型水素ステーション建設に向けて協力-州政府による800万米ドルの補助金交付候補に選定- 米国でシェルのエネルギー事業を行う「Equilon Enterprises LLC」社(以下、シェル)と、トヨタ自動車(株)の北米事業を統括するToyota Motor North Ame...

「エア・ウォーター移動式水素ステーション札幌」の開所について 【エア・ウォーター】

2018年3月26日 北海道で初めてとなる商業用の水素ステーションとして、当社が札幌市豊平区にて開所の準備を進めて おりました「エア・ウォーター移動式水素ステーション札幌」が本日より運用を開始することとなりまし たので、下記のとおり、お知らせします。 1.経 緯  当社は、北海道内で唯一、産業用の水...

工場における水素利活用を加速【トヨタ自動車】

2018年3月16日 トヨタ自動車、工場における水素利活用を加速 -元町工場に燃料電池フォークリフトを20台導入し、専用の水素ステーションを新設- トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、愛知県豊田市の元町工場に、(株)豊田自動織機製の燃料電池フォークリフト(以下、FCフォークリフト)を、3月16日までに20台導入す...

日本水素ステーションネットワーク合同会社を設立【トヨタ自動車】

2018年3月5日  トヨタ自動車株式会社(社長 : 豊田章男)、日産自動車株式会社(社長 : 西川廣人)、本田技研工業株式会社(社長 : 八郷隆弘)、JXTGエネルギー株式会社(社長 : 杉森務)、出光興産株式会社(社長 : 月岡隆)、岩谷産業株式会社(社長 : 谷本光博)、東京ガス株式会社(社長 : 広瀬道明)、...