検索結果

「#日本製鉄」の検索結果

難成形部品への超ハイテン材適用を可能とする新プレス工法「せん断成形工法(NSafe®-FORM-SS)」が自動車メーカーに採用【日本製鉄】

2021年10月13日    難成形部品への超ハイテン材適用を可能とする新プレス工法「せん断成形工法(NSafe®-FORM-SS)」が自動車メーカーに採用     日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は自動車の軽量化に寄与する高張力鋼板(以下、ハイテン)の適用拡大に向け、部品の要求性能に応...

内航石灰石運搬船 天然ガス専焼エンジン+バッテリハイブリッド 推進システム船建造について

2021年9月30日    内航石灰石運搬船 天然ガス専焼エンジン+バッテリハイブリッド 推進システム船建造について     NS ユナイテッド内航海運株式会社(代表取締役社長:福田和志、本社:東京都千代田区)、 日本製鉄株式会社(代表取締役社長:橋本英二、本社:東京都千代田区...

次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe®-AutoConcept”のラインアップ強化について【日本製鉄】

2021年5月25日    次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe®-AutoConcept”のラインアップ強化について ~電動車向け、次世代モビリティ向けのソリューションコンセプトを構築~     これまで、日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)では、自動車メーカー各社の車体軽量化・衝突安全ニ...

次世代鋼製自動車に対応するソリューション技術を拡充【日本製鉄】

2021年5月13日    日本製鉄 次世代鋼製自動車に対応するソリューション技術を拡充 ~部品機能の向上、複雑形状の成形、生産性向上等に資する技術を進化~     日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、2019年に発表した次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe® -AutoConcept(以...

市村産業賞貢献賞を受賞 ~鋼材の利用加工技術として初受賞~【日本製鉄】

2021年3月12日 市村産業賞貢献賞を受賞~鋼材の利用加工技術として初受賞~  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、公益財団法人市村清新技術財団より、第53回(令和2年度)市村賞において、市村産業賞貢献賞を3年連続で受賞しました。 市村賞は、科学技術の進歩、産業の発展に貢献した技術開発者を表彰する伝...

電磁鋼板 能力・品質向上対策【日本製鉄】

2020年11月6日  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、電磁鋼板の能力・品質向上対策の一環として、既に公表している瀬戸内製鉄所広畑地区・九州製鉄所八幡地区での対策に加え、新たに広畑地区において電磁鋼板設備を増強することを決定しました。既公表の対策を含めた投資額は、累計で約1,040億円となります。一連...

日本製鉄が開発した新型高精度平坦度計を用いた高強度熱延鋼板の製造技術が文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞【日本製鉄】

2020年4月7日  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)が開発した新型高精度平坦度計を用いた高強度熱延鋼板の製造技術が、科学技術に関する開発、理解増進等において顕著な成果を収めたものの功績を讃える賞である「令和2年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)」を受賞しました。 1.受賞内容 (1) 受賞...

市村賞を2年連続でダブル受賞 ~市村産業賞、市村地球環境産業賞を同時受賞~【日本製鉄】

2020年3月13日  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、公益財団法人市村清新技術財団より、第52回(令和元年度)市村賞において、市村産業賞、市村地球環境産業賞をダブル受賞しました。  市村賞は、科学技術の進歩、産業の発展に貢献した技術開発者を表彰する伝統と権威ある賞です。昨年より従来の市村産業賞、市...

トランスミッション用ガス軟窒化鋼板の開発、供給開始について【日本製鉄】

2019年5月16日  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、ガス軟窒化処理を施すことにより優れた表面硬度と疲労強度を得ることができるガス軟窒化鋼板を開発し、トランスミッション(AT・CVT)のトルクコンバータを生産するユニプレス株式会社(以下、ユニプレス)にトルクコンバータの構成部品であるダンパープレート...

パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」に初出展【日本製鉄】

2019年5月17日  日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、5月22日(水)~24日(金)までの3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展*1 2019 横浜」に出展します。同展示会には初の出展となります。  *1:人とくるまのテクノロジー展は、公益社団法人自動車技術会が主催し、自動車業界の第一線...

  • 1