検索結果

「#日本テキサス・インスツルメンツ」の検索結果

60GHzレーダーによる産業および車載マーケットの発展を考察する【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年9月23日 人が操作していた機械や乗り物が、ほんの数十年の間で自律的に動作する、もしくは人がほぼ介入する必要がないインテリジェントな機械へと置き換わりつつあります。こういった進歩にともない、産業および車載マーケットでは、ビルや街や自動車がその周囲を感知してよりスマートに判断を下せる革新的なセ...

システム・レベルの回路シミュレーションと検証を提供し、製品の市場投入期間短縮に役立つ新しいツール「PSpice for TI」を発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年9月16日システム・レベルの回路シミュレーションと検証を提供し、製品の市場投入期間短縮に役立つ新しいツール「PSpice for TI」を発表Cadenceが新規設計の部品の選定、評価や検証を容易にする新しいシミュレーションと解析ツールを提供 日本テキサス・インスツルメンツは、 Cadence Design Systems Inc. のPSp...

DC/DC降圧コンバータを使用して商用車の先進的安全機能を強化する【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年8月25日 運転手と歩行者の安全は、現在、そしてこれからの車両を設計するエンジニアにとって最重要課題です。それは、自動運転であっても半自動運転であっても同じです。最近の統計によると、交通事故のうち73%以上が、特に商用車の場合に、死角、携帯電話の使用、運転手の疲労や不注意が原因で生じています。ま...

自動車業界を変革する4つのオーディオ関連トレンド【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年8月20日 自動車業界は、快適な運転体験を創出することに注力していますが、そのために燃費や製造コストを犠牲にするわけにはいきません。新しいオーディオ技術を組み込むことでユーザー体験を拡大し、安全を確保するために、OEMはオーディオ・システムのアーキテクチャの刷新に取り組んでいます。   マイク...

車載ディスプレイ・ソリューションのバックライトLEDドライバにかかわる課題を解決する【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年7月16日 電気自動車産業の急速な成長と共に、自動運転車や人と人との相互接続が出現しました。そのため、車のセンター・コンソールの機能が複雑さを増し、より高度なものが求められるようになった結果、図1のような大画面化が進んでいます。 図1:LCDスクリーンを利用した車載ディスプレイ・アプリケーショ...

拡張性の高いPMICの利用で車載カメラ・モジュール電源の再設計を省略【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年6月5日 車載カメラ・モジュールの設計者は、開発期間の短縮を目指す一方で、カメラ・モジュールをさらに小型化しつつ、高い拡張性も確保し、さまざまな種類の画像シリアライザやセンサに再利用できるようにする必要があります。この技術記事では、設計仕様やプラットフォームの拡張性など、車載カメラ・モジュ...

パワートレイン・システムを統合してEVのコンボボックス・アーキテクチャを構築【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年5月12日 少ない部品数で高機能の車載アプリケーションを作ることができたら、重量とコストのどちらも削減できて、信頼性も向上するでしょう。これが、電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV) の設計にコンボボックス・アーキテクチャを組み込もうとする意図です。 コンボボックス・アーキテクチャと...

最高性能の前方レーダーでビジョン・ゼロを現実のものに【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年4月6日 この数年間、ヨーロッパ新車アセスメント・プログラム(Euro NCAP)2025の「交通安全プロジェクトビジョン・ゼロ運動 」と、消費者向けファイブスター安全等級評価という、2つの大きな力が後押しして、先進運転支援システム(ADAS)の普及が進んでいます。 ビジョン・ゼロ運動のため、自動車メーカー...

ハイブリッド車/電気自動車向けワイヤレスBMSに関する3つの課題【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年3月2日 リチウム電池は、今も低価格化と電力密度の増加が続いており、ハイブリッド電気自動車(HEV)や電気自動車(EV)をより遠くまで、長時間走らせることができます。この進歩をうけて、設計者の関心は、バッテリ管理システム(BMS) のサイズを縮小して軽量化することで、さらに効率化を図ることです。 ...

125℃を超えるHEV/EVシステムでも 信頼性の高い通信と保護を実現する、 業界初のグレード0デジタル・アイソレータを発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年3月2日 125℃を超えるHEV/EVシステムでも 信頼性の高い通信と保護を実現する、 業界初のグレード0デジタル・アイソレータを発表高温対応車載設計が簡素化されるとともに、信号絶縁と車載ネットワーク性能が向上する、新しいグレード0デバイス 日本テキサス・インスツルメンツは、車載用電子部品の信頼性規格AEC...