検索結果

「#日本テキサス・インスツルメンツ」の検索結果

パワートレイン・システムを統合してEVのコンボボックス・アーキテクチャを構築【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年5月12日 少ない部品数で高機能の車載アプリケーションを作ることができたら、重量とコストのどちらも削減できて、信頼性も向上するでしょう。これが、電気自動車(EV)とハイブリッド電気自動車(HEV) の設計にコンボボックス・アーキテクチャを組み込もうとする意図です。 コンボボックス・アーキテクチャと...

最高性能の前方レーダーでビジョン・ゼロを現実のものに【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年4月6日 この数年間、ヨーロッパ新車アセスメント・プログラム(Euro NCAP)2025の「交通安全プロジェクトビジョン・ゼロ運動 」と、消費者向けファイブスター安全等級評価という、2つの大きな力が後押しして、先進運転支援システム(ADAS)の普及が進んでいます。 ビジョン・ゼロ運動のため、自動車メーカー...

ハイブリッド車/電気自動車向けワイヤレスBMSに関する3つの課題【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年3月2日 リチウム電池は、今も低価格化と電力密度の増加が続いており、ハイブリッド電気自動車(HEV)や電気自動車(EV)をより遠くまで、長時間走らせることができます。この進歩をうけて、設計者の関心は、バッテリ管理システム(BMS) のサイズを縮小して軽量化することで、さらに効率化を図ることです。 ...

125℃を超えるHEV/EVシステムでも 信頼性の高い通信と保護を実現する、 業界初のグレード0デジタル・アイソレータを発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年3月2日 125℃を超えるHEV/EVシステムでも 信頼性の高い通信と保護を実現する、 業界初のグレード0デジタル・アイソレータを発表高温対応車載設計が簡素化されるとともに、信号絶縁と車載ネットワーク性能が向上する、新しいグレード0デバイス 日本テキサス・インスツルメンツは、車載用電子部品の信頼性規格AEC...

新たな温度限界への到達を実現する 業界最小のリニア・サーミスタを発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年2月18日 新たな温度限界への到達を実現する 業界最小のリニア・サーミスタを発表精度が50%向上した、高感度、シングルポイント・キャリブレーションの新しい温度センサ 日本テキサス・インスツルメンツは、TIが持つ温度センサのポートフォリオを拡充するリニア・サーミスタを数種発表しました。これらのリニ...

未来のレーダー・プロセッシングに求められるもの【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年1月15日 レーダー(電波探知測距)システムは、何十年にもわたり、天気予報から防犯用途まであらゆるところで多方面に利用されてきましたが、21世紀に入る頃から自動車関連にも採用され始めました。この技術記事では、車載機器での典型的なユースケースとそれに関連したトレンドを詳しく見ていきます。 現在、路...

車載演算ゲートウェイ・プラットフォームによりソフトウェア定義自動車(Software-defined car)を実現【日本テキサス・インスツルメンツ】

2016年9月27日 自動車分野には3つの明確なトレンドがあります。半自動または自動運転車への移行、データ帯域幅の増加によりクラウドとつながる車、そして車両の電化です。これらのトレンドは、車載アーキテクチャの変化も促しています。現在の車載アーキテクチャでは、増加し続ける多数のエンジン制御ユニット(ECU)が...

ADASと車載ゲートウェイ・テクノロジのマスマーケットへの普及を実現する、低消費電力で高性能の新型Jacinto7プロセッサを発表【日本テキサス・インスツルメンツ】

2020年1月7日 ADASと車載ゲートウェイ・テクノロジのマスマーケットへの普及を実現する、低消費電力で高性能の新型Jacinto7プロセッサを発表チップ内蔵の専用アクセラレータと機能安全性機能、ならびに統一ソフトウェア・プラットフォームで、車載製品ラインのニーズを包括的にサポートする高集積プロセッサ 日本...

C2000マイコン・ファミリの最新デバイスを使用した、イーサネットによるVienna整流器の制御とモニタリング【日本テキサス・インスツルメンツ】

2019年11月27日 自動車メーカーは電気自動車(EV)に多額の投資を始めていますが、最近発表されたレポートによると、EV市場は2019年の300万台から2030年までに2,700万台へと拡大すると予想されています。これは、21.1%の年平均成長率に当たります。このようなEV市場の成長に伴い、EV用の公共充電オプションの需...

車載ライティング・ソリューションの機能を高める新しいLEDドライバ【日本テキサス・インスツルメンツ】

2019年10月31日 車のリア・ライト・システムは、単なる減速の合図から、自動車ブランドの象徴を表すものへと、進化を続けています。 自動車メーカーの独自設計に対応しながらも、合図としての機能は保っていなければなりません。この記事では、リア・ライト・システムのトレンドと、トレンドにより生まれた課題、そし...