検索結果

「#加工技術」の検索結果

即納CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-GS1490-150W」【サンマックスレーザー】

2020年5月18日 即納CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-GS1490-150W」 新型コロナウイルス拡大で早急に需要の高まっている感染対策グッズ製造の強い味方。今すぐに稼働可能なCO2レーザー加工機をご用意しています。 ファイバーレーザー・UVレーザー・CO2レーザーの各種レーザー加工機を取り扱っている サンマックスレーザ...

加工が難しい高耐食合金のエッチング液 「エスクリーンRE-100」がついに登場【佐々木化学薬品】

2020年4月23日 佐々木化学薬品株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:佐々木 智一)は、高耐食合金用エッチング液「エスクリーンRE-100」の開発に成功しました。加工時間の短縮化や設備の簡素化など表面処理分野の課題解決を実現します。 エスクリーンRE-100(処理イメージ) 航空・宇宙分野の部品に使われるイ...

ファイバーレーザー発売開始!アルミやステンレス自由切断・パイプも切断できる IPG1KW【リンシュンドウ】

2020年4月19日 ファイバーレーザー発売開始!アルミやステンレス自由切断・パイプも切断できる IPG1KW RSD-SUNMAX-FL3015CNR IPG1KW サンマックスレーザー 鉄、ステンレス 自由切断 ファイバーレーザー発売開始!アルミやステンレス自由切断・パイプも切断できるRSD-SUNMAX-FL3015CNR レーザー加工機の...

アルミニウム合金加工用高能率PCDカッタ「アルネックス®ANX型」の 本体拡充、モジュラータイプを開発、販売開始【住友電気工業】

2020年3月26日 住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:井上 治、以下 当社)は、アルミニウム合金加工用高能率PCDカッタ「アルネックス®ANX型」の本体を拡充、モジュラータイプを開発し、2020年4月より販売を開始します。 近年、自動車産業などでは、燃費向上のための部品の軽量化が求められており、アルミ...

SEC-溝入れバイトGND型の内部給油式ホルダ 「GNDM-J型/GNDL-J型」の小型旋盤用を開発、販売開始【住友電気工業】

2020年3月26日 住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:井上 治)は、SEC-溝入れバイトGND型の内部給油式ホルダ「GNDM-J型/GNDL-J型」の小型旋盤用を開発し、2020年4月より販売を開始します。 自動車部品など各種機械部品に多く用いられる溝入れ加工は、一般の切削加工に比べ、切りくずの排出が難しく、切...

製造業における加工部品調達のデジタル革命「meviy」切削プレートの素材バリエーション拡大、高精度製造設備部品に対応【ミスミグループ】

2020年3月18日 製造業における加工部品調達のデジタル革命「meviy」切削プレートの素材バリエーション拡大、高精度製造設備部品に対応熱処理を施した鉄材「SS400焼鈍材」により歪みや寸法誤差の抑制を実現 株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大野龍隆)は、設計データのみで機械加工品...

加工品質の向上とタクト短縮に貢献する、 『超音波ハンドウェルダー』発売開始  用途に合わせて発振モードを選択可能【日本アビオニクス】

2020年3月18日 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:竹内 正人)は、用途に合わせて発振モードを選択でき、手作業による運用だけでなく自動機への搭載も可能な【超音波ハンドウェルダー HW-Dシリーズ】を3月18日(水)に発売いたします。 情報機器や自動車においては、日進月歩でエレクトロニクス化...

高出力青色ダイレクトダイオードレーザの波長合成技術を開発【パナソニック】

2020年1月29日 高出力青色ダイレクトダイオードレーザの波長合成技術を開発~ファインプロセスに最適な高ビーム品質・高出力短波長レーザ光の提供が可能に~ パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、高出力青色レーザ光源の開発において、ダイレクトダイオードレーザ(以下、DDL)の波長合成技術(以下、WB...

【3Dプリンター用ヘッドノズルの開発】より精密な3Dプリンティングを【テクダイヤ】

2019年12月23日 テクダイヤ株式会社(本社:東京港区、代表取締役:小山真吾)は、3Dプリンター用ヘッドノズルを開発。従来のヘッドに比べ、先端の内径が小さいディスペンサーノズルを使用することで、より精密な3Dプリンティングが可能になりました。 ▼従来品との比較 3Dプリンターでは、材料の吐出口となるヘッドと呼...

ボディパネルの少量生産に対応した技術「対向式ダイレス成形」を実用化【日産自動車】

2019年10月2日 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、代表執行役:山内 康裕)は2日、金型を用いることなくボディパネルを成形する「対向式ダイレス成形」の技術を開発し、実用化したと発表しました。今後、この技術を活用して、アフタ―サービス部品や旧型車の補修部品の商品化を検討していきます。   ...