検索結果

「#リサイクル」の検索結果

リサイクル鋼材、サーキットを駆ける!~トヨタのサーキット競技車両に鉄スクラップ由来の鋼材を採用~【東京製鐵】

2022年10月13日    リサイクル鋼材、サーキットを駆ける! ~トヨタのサーキット競技車両に鉄スクラップ由来の鋼材を採用~    今般、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)のサーキット競技車両に当社材が採用され、来る「スーパー耐久レース」にお いて走行予定とな...

自動車分野のマテリアルリサイクル事業化に向けたパイロット設備導入へ

2022年9月21日    自動車分野のマテリアルリサイクル事業化に向けたパイロット設備導入へ ~使用済み自動車を利用した廃プラスチック再資源化の取り組み加速~    住友化学は、このたび、使用済みの自動車から得られる廃プラスチックを再資源化するマテリアルリサイクルの事業化...

パイロットプロジェクト:メカニカルリサイクルで混合プラスチック廃棄物をリサイクル可能に(ドイツ本国発表資料)【アウディ ジャパン】

2022年9月29日    パイロットプロジェクト:メカニカルリサイクルで混合プラスチック廃棄物をリサイクル可能に(ドイツ本国発表資料)    > アウディは自動車バリューチェーンの不可欠な要素としてリサイクルを推進 > ビジョン:大量生産に使用可能...

~エス.ラボ社と共同開発中の「樹脂ペレット式3Dプリンタ」を活用~ 樹脂廃材のリサイクルを加速

2022年6月20日    ~エス.ラボ社と共同開発中の「樹脂ペレット式3Dプリンタ」を活用~ 樹脂廃材のリサイクルを加速    豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、廃棄物低減の一環として、樹脂廃材の社内でのリサイクルを拡大させるため、エス.ラボ株式会社※1と...

フォルクスワーゲン主導の研究チームが、初めてバッテリーの 複数回リサイクルに着手

2022年6月13日    フォルクスワーゲン主導の研究チームが、初めてバッテリーの複数回リサイクルに着手    •共同研究チームは、ドイツ連邦経済・気候保護省の支援を受け、クローズドループ原 材料プロジェクトを開始 •持続可能性を高め、素材の安定供給を確保するために、貴重...

電動車用リチウムイオン電池の低環境負荷型リサイクルプロセスの開発・実証事業の開始について

2022年4月19日    電動車用リチウムイオン電池の低環境負荷型リサイクルプロセスの開発・実証事業の開始について    株式会社JERA(以下「JERA」)および住友化学株式会社(以下「住友化学」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベ...

ブリヂストンとLanzaTech 使用済タイヤのリサイクル技術開発へ向けたパートナーシップを締結

2022年4月14日    ブリヂストンとLanzaTech使用済タイヤのリサイクル技術開発へ向けたパートナーシップを締結 使用済タイヤを再生資源として再利用する資源循環システムの構築により、より良い地球環境を将来世代に引き継ぐ     株式会社ブリヂストンの米州グループ会社である...

使用済タイヤから合成ゴム素原料であるイソプレンを製造するケミカルリサイクル技術の共同研究を開始

2022年2月18日    使用済タイヤから合成ゴム素原料であるイソプレンを 製造するケミカルリサイクル技術の共同研究を開始    ​日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤 雅之/以下「日揮HD」)は、株式会社ブリヂストン(Global CEO:石橋 秀一/以下「ブリヂス...

マイクロ波を用いた廃プラスチックのダイレクト・モノマー化の取り組み開始について【三井化学】

2021年11月18日    マイクロ波を用いた廃プラスチックの ダイレクト・モノマー化の取り組み開始について 難リサイクルの廃プラであるASRやSMCのケミカルリサイクルの実用化に向けて    三井化学株式会社(東京都港区、代表取締役社長:橋本修)及びマイクロ波化学株式会社(大阪...

使用済み車両の適正処理および解体・リサイクルを行う マルチ・スズキ・インディアの合弁会社が稼働開始【スズキ】

2021年11月24日    使用済み車両の適正処理および解体・リサイクルを行う マルチ・スズキ・インディアの合弁会社が稼働開始    スズキ株式会社のインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(以下 マルチ・スズキ)が、豊田通商株式会社(以下 豊田通商)および...