検索結果

「#リサイクル」の検索結果

自動車リサイクル法に基づく2017年度再資源化などの実績を公表【マツダ】

2018年6月1日 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目について、2017年度(2017年4月1日から2018年3月31日)の再資源化などの実績を公表します。 マ...

自動車の樹脂リサイクル実証事業を開始【豊田通商】

2018年2月28日 自動車の樹脂リサイクル実証事業を開始 ~リサイクル料金のユーザー負担軽減の検証に向けて~ 豊田通商株式会社(以下、豊田通商)は、株式会社矢野経済研究所(以下、矢野経済研究所)および、いその株式会社(以下、いその)と共同で、自動車由来樹脂リサイクル可能性実証事業を本格的に開始します。実...

電動車用電池のリユース・リサイクル事業の実証開始について【トヨタ自動車】

2018年1月31日  中部電力株式会社(本社 : 名古屋市、代表取締役社長 : 勝野 哲、以下「中部電力」)とトヨタ自動車株式会社(本社 : 豊田市、代表取締役社長 : 豊田 章男、以下「トヨタ」)は、電動車の駆動用電池(以下、「電池」)をリユースした大容量蓄電池システム(以下、「蓄電池システム」)の...

自動車リサイクル法に基づく2015年度再資源化等の実績について【いすゞ自動車】

2016年6月24日 いすゞ自動車㈱(社長:片山 正則、以下いすゞ)は、自動車リサイクル法(正式名称「使用済自動車の再資源化等に関する法律」)に基づき、指定3品目(ASR※1、エアバッグ類、フロン類)の再資源化等の業務を実施しており、この度、2015年度(2015年4月〜2016年3月)の実施状況等を公表した。 指定3品目の...

自動車リサイクル法に基づく2015年度再資源化等実績を公表【日産自動車】

2016年6月1日 日産自動車㈱(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、2005年1月1日に施行された自動車リサイクル法※1に基づき、2015年度(2015年4月~2016年3月)に実施した ASR※2(自動車シュレッダーダスト)、エアバッグ類、フロン類の特定3物品の再資源化等の実績を公表しました。 同社は2015年度、...

自動車リサイクル法に基づく 2015年度再資源化等の実績について【スズキ】

2016年6月1日 スズキ㈱(以下スズキ)は6月1日、自動車リサイクル法*1に基づき、2015年度(2015年4月~2016年3月)の特定再資源化物品(自動車シュレッダーダスト:以下ASR、エアバッグ類、フロン類)に関する再資源化等実績を公表した。 スズキは、自動車リサイクル法により自動車製造業者等に義務付けられている特...

自動車リサイクル法に基づく2015年度再資源化などの実績を公表【マツダ】

2016年6月1日 マツダ㈱(以下、マツダ)は、2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の3品目について、2015年度(2015年4月1日から2016年3月31日)の再資源化などの実績を公表します。 マツダは、お...

「自動車リサイクル法」による2015年度再資源化等の実績を公表【富士重工業】

2016年6月1日 富士重工業は、自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づく2015年度(2015年4月~2016年3月)における再資源化等の実績を公表します。 2015年度の実績は、シュレッダーダスト*1(以下ASR)では173,272台から27,935.5トンを回収、27,243.3トンを再資源化しました。よってASR再資...

「平成27年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」 3R推進協議会会長賞を6年連続受賞【ブリヂストン】

2015年10月27日 ㈱ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤリサイクルセンター大阪株式会社は、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会主催の「平成27年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」において、「リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞」を受賞しました。同賞は...

希土類磁石スラッジリサイクルを開始【日立金属】

2015年7月23日 希土類磁石スラッジリサイクルを開始環境親和型リサイクル方法で国内でのサプライチェーンを構築 日立金属㈱(以下 日立金属)は、Nd-Fe-B系焼結磁石(以下 希土類磁石)の生産過程で発生する加工くず(以下スラッジ)※1から、希土類元素と鉄を回収できる環境親和型リサイクル方法(以下 炭素熱還元法※...