検索結果

「#プラスチック」の検索結果

低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発【マツダ】

2018年12月5日 マツダ、低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発-アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018」に出展-  マツダ株式会社(以下、マツダ)は、環境負荷を低減しながら、高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を用いた新意匠2...

高機能なバイオプラスチックの改質剤を開発するBioworks株式会社をグループ会社化【TBM】

2018年12月6日 TBM、高機能なバイオプラスチックの改質剤を開発するBioworks株式会社をグループ会社化 〜100%バイオ由来の新素材(改質ポリ乳酸コンパウンド)Plaxの展開を発表〜 石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用しない紙の代替や石油由来原料の使用量を抑えたプラスチックの代替となる新素材「LIMEX...

ドイツのクレフェルト・ユルディンゲン拠点で高性能プラスチック向け新製造プラントを建設【ランクセス】

2018年10月5日 ● 数千万ユーロ規模の投資  ● ドイツのクレフェルト・ユルディンゲン拠点で約20名の雇用を創出● 2019年後半に製造開始予定 ドイツの特殊化学品メーカー、ランクセス(LANXESS)は、高性能プラスチックのグローバル製造ネットワークへ引き続き投資することを発表しました。数千万ユーロ規模の投資...

IoTの普及や自動運転技術の開発を後押し ラペロス®LCP低誘電シリーズ開発と新グレードE420Pの紹介記事を公開【ポリプラスチックス】

2018年3月22日 IoTの普及や自動運転技術の開発を後押しする低誘電LCPシリーズ開発と新グレードE420Pの紹介記事を公開。 ポリプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:塩飽 俊雄、以下、ポリプラスチックス)は、このほど、IoTの普及や自動運転技術の開発を後押しすべく、低誘電ラペロス® LCPの開発と...

従来難しかった精密な製品や複雑な形状も溶着可能にする技術の紹介記事【ポリプラスチックス】

2018年1月16日 ポリプラスチックス㈱は、レーザー溶着技術とレーザー溶着可能な製品・グレードの紹介記事を1月16日に同社WEBサイトに公開しました。 従来難しかった精密な製品や複雑な形状も溶着可能にする技術の紹介記事。 レーザー溶着採用時の材料選定の参考に。 ポリプラスチックス㈱(本社:東京都港区、代表...

トヨタ紡織と三井化学が、高耐衝撃プラスチックの特許実施許諾契約を締結【トヨタ紡織】

2017年4月11日 トヨタ紡織と三井化学が、高耐衝撃プラスチックの特許実施許諾契約を締結~三井化学製の改質材として「高耐衝撃プラスチック」の採用拡大を目指す~ トヨタ紡織㈱(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:石井 克政、以下:トヨタ紡織)と三井化学㈱(本社:東京都港区、代表取締役社長:淡輪 敏、以下:三井...

各種プラスチックと優れた接合性を有する特殊表面改質鋼板「プラタイト®」【日新製鋼】

2017年2月7日 日新製鋼㈱は、このたび各種プラスチックと優れた接合性を有する特殊表面改質鋼板「プラタイト®」を開発し、商品化いたしました。 近年、自動車や電機、通信業界を中心とし、異種材料を組み合わせることで新しい機能を付与するマルチマテリアル化の波が押し寄せています。この中で、プラスチックによる軽...

バイオエンプラ「DURABIO®」が「マツダ ロードスター RF」の外装意匠部品に採用【三菱化学】

2016年12月19日 バイオエンプラ「DURABIO®(デュラビオ®)」が「マツダ ロードスター RF」の外装意匠部品に採用 三菱化学㈱(本社:東京都千代田区、社長:石塚博昭、以下「当社」)のバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO®」が、マツダ㈱(本社:広島県安芸郡、社長:小飼雅道、以下「マツダ」)から本年12月...

無塗装で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックを「マツダ ロードスター RF」の外装部品に採用【マツダ】

2016年12月8日 マツダ、無塗装で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックを「マツダ ロードスター RF」の外装部品に採用−日本最大級の環境展示会「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」に出展− マツダ㈱(以下、マツダ)は、三菱化学㈱*1と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリン...

付加製造技術の急成長に応じた高機能ポリマーの生産強化を主導【ソルベイスペシャルティポリマーズジャパン】

2016年10月24日 ジョージア州アルファレッタ、2016年10月24日 – 高機能樹脂の世界的サプライヤーであるソルベイは本日、K 2016(ホール6、ブースC61)で、3Dプリントとも呼ばれる急成長中の付加製造(AM)技術への対応で主導的役割を果たすべく、ワールドクラスの特殊ポリマーおよびエンジニアリングプラスチック...