検索結果

「#ハイテン材」の検索結果

「人とくるまのテクノロジー展2022横浜/ONLINE」に出展します【住友重機械工業】

2022年5月13日    「人とくるまのテクノロジー展2022横浜/ONLINE」に出展します    住友重機械工業株式会社は、2022年5月25日(水)から開催される「人とクルマのテクノロジー展2022横浜 / ONLINE」に出展いたします。 【出展概要】 開催期間:2022年5月25日(水)~5月27日(金...

日本製鉄が「自動車の進化を支える超高強度鋼板加工技術の開発」にて文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞

2022年4月8日    日本製鉄が「自動車の進化を支える超高強度鋼板加工技術の開発」にて 文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞     日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)が開発した自動車の進化を支える超高強度鋼板加工技術が、科 学技術に関する開発、理解増進等において顕著な成...

ティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社と共同で新商品開発【JFEスチール】

2022年4月4日    ティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社と共同で新商品開発 ~自動車向け冷間加工用の新ハイテンをグローバルに提案~     当社及びドイツ最大の鉄鋼メーカーであるティッセン・クルップ・スチール・ヨーロッパ社(以下、「tkSE」)は、このたび冷間加工...

スズキ株式会社と電気自動車の軽量化を推進【JFEスチール】

2021年11月11日    スズキ株式会社と電気自動車の軽量化を推進 ~『JFEトポロジー最適化技術』を活用したバッテリー保護車体構造の軽量化~    当社は、スズキ株式会社(以下、「スズキ」)と共同で、『JFEトポロジー最適化技術』と高張力鋼板(以下、「ハイテン」)を活用して、...

『ストレスリバース™工法』がレクサスの1.5GPa級高張力冷延鋼板を使用した 自動車部品製造に採用

2021年10月22日    『ストレスリバース™工法』がレクサスの1.5GPa級高張力冷延鋼板を使用した 自動車部品製造に採用 ~超高張力鋼板のスプリングバック抑制成形技術を開発~     当社が開発した『ストレスリバース™工法』が、「レクサスNXルーフセンターリンフォース」におい...

難成形部品への超ハイテン材適用を可能とする新プレス工法「せん断成形工法(NSafe®-FORM-SS)」が自動車メーカーに採用【日本製鉄】

2021年10月13日    難成形部品への超ハイテン材適用を可能とする新プレス工法「せん断成形工法(NSafe®-FORM-SS)」が自動車メーカーに採用     日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は自動車の軽量化に寄与する高張力鋼板(以下、ハイテン)の適用拡大に向け、部品の要求性能に応...

次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe®-AutoConcept”のラインアップ強化について【日本製鉄】

2021年5月25日    次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe®-AutoConcept”のラインアップ強化について ~電動車向け、次世代モビリティ向けのソリューションコンセプトを構築~     これまで、日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)では、自動車メーカー各社の車体軽量化・衝突安全ニ...

次世代鋼製自動車に対応するソリューション技術を拡充【日本製鉄】

2021年5月13日    日本製鉄 次世代鋼製自動車に対応するソリューション技術を拡充 ~部品機能の向上、複雑形状の成形、生産性向上等に資する技術を進化~     日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、2019年に発表した次世代鋼製自動車コンセプト“NSafe® -AutoConcept(以...

世界初となるハイテンの熱間連続圧延技術を開発【JFEスチール】

2021年5月6日    世界初となるハイテンの熱間連続圧延技術を開発     当社はこのたび、高張力鋼板(以下、ハイテン)の熱間連続圧延技術(以下、エンドレス圧延)を世界で初めて開発しました。すでに東日本製鉄所(千葉地区)熱延工場で量産を開始しており、ハイテンの安定生産...

令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞【JFEスチール】

2021年4月6日 令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞~革新的雰囲気制御による溶融亜鉛めっき薄鋼板製造技術の開発~  このたび当社は「革新的雰囲気制御による溶融亜鉛めっき薄鋼板製造技術の開発」の成果が認められ、令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(※1)科学技術賞(...