検索結果

「#デバイス」の検索結果

Infineon TriCoreデバイス対応書き込みツール「Cyclone LC Universal」および「Cyclone FX Universal」の販売開始【ポジティブワン】

2020年8月31日 2020年8月31日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本社を構えるPEmicro社日本総代理店)は、Infineon TriCoreデバイス対応書き込みツール「Cyclone LC Universal」および「Cyclone FX Universal」の販売を開始いたします。 Infineon TriCoreデバイス...

コモンモード・フィルタとESD保護機能を集積した車載用プロテクション・デバイスを発表【STマイクロエレクトロニクス】

2020年5月13日 STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、低クランプ電圧の過渡電圧サプレッサ・ダイオードを搭載した車載対応コモンモード・フィルタ(CMF)のECMF04-4HSM10YおよびECMF04-4HSWM10Yを発表しました。両製品は、優れた効率で高速シリアル・バスのインタフェースICを保護します。 ECMF04-...

ESD/サージ保護デバイス: 車載用Ethernet向け高ESD耐量チップバリスタの開発、量産【TDK】

2019年9月17日 ●低静電容量および狭公差品の実現 ● ESD耐量 25kVの実現 (IEC61000-4-2) ● 小型形状(1.0 x 0.5 x 0.5 mm) ● 温度特性は150℃まで対応 TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、車載用のEthernet向け、高ESD耐量チップバリスタの新製品(製品名:AVRH10C221KT1R5YA8)を開発し、製品ラインナッ...

静電気を利用したタイヤ内部発電技術を関西大学と共同開発【住友ゴム工業】

2019年7月23日 住友ゴム工業(株)は関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発しました。これは静電気の一種である摩擦帯電現象を応用したもので、タイヤの回転に伴う接地面での変形により、発電デバイスが効...

世界初、イオン注入ドーピングを用いた縦型酸化ガリウム(Ga2O3)トランジスタ開発に成功【情報通信研究機構】

2018年12月12日 世界初、イオン注入ドーピングを用いた縦型酸化ガリウム(Ga2O3)トランジスタ開発に成功~汎用性の高いデバイスプロセスを採用、低コストGa2O3パワーデバイス量産への道筋~ 【ポイント】 ■ 高性能縦型酸化ガリウム(Ga2O3)トランジスタ作製技術の開発に成功 ■ 独自開発したシリコン、窒素をそ...

タイヤ空洞共鳴音を効果的に低減する独自デバイスを開発【東洋ゴム工業】

2018年6月29日 東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、タイヤから乗用車の室内に伝わる音に関する課題を解決する新技術『Toyo Silent Technology(トーヨーサイレントテクノロジー)』に基づき、車内騒音の一つであるタイヤ空洞共鳴音を効果的に低減するデバイスを新たに開発しましたのでお知...

通常の1/3サイズの超低キャパシタンス4チャンネルTVSダイオードアレイ「SP3422-04UTGシリーズ」を発売【Littelfuseジャパン】

2017年11月22日 リテルヒューズ、通常の1/3サイズの超低キャパシタンス4チャンネルTVSダイオードアレイ「SP3422-04UTGシリーズ」を発売 様々なモバイルデバイスに最適な小型パッケージ 回路保護分野におけるグローバルリーダー、リテルヒューズ・インク (本社:米国イリノイ州シカゴ市、NASDAQ:LFUS)の日本法人で...

高耐熱リチウムイオンキャパシタ開発について【ジェイテクト】

2017年11月27日 高耐熱リチウムイオンキャパシタ開発について既存事業のコア技術を活かし、高耐熱・低温性を両立するリチウムイオンキャパシタを開発  ㈱ジェイテクトは、2017年9月にBR蓄電デバイス事業室を組織し、取り巻く環境の変化を先読みした持続的成長の柱となる新領域の1つとして、蓄電デバイスの1種であ...

子供を交通事故死から守るシートベルト用デバイス「Bellton」がクラウドファンディングMakuakeに登場【Fun Solutions】

2017年11月15日 子供を交通事故死から守るシートベルト用デバイス「Bellton(ベルトン)」がクラウドファンディングMakuakeに登場子供の自発的なシートベルト着用を促進するITデバイスを新規ベンチャーが開発 車内で最も交通事故死亡率が高い後部座席。一般道での後部座席シートベルト装着率は30%台。そこに座る子供...

ESD/サージ保護デバイス:車載向けチップバリスタAVRHシリーズの開発と量産【TDK】

2017年11月7日 ● 小型形状:L:1.0 x W:0.5 x H:0.5 mm) ● 当社従来品よりも75%小型化 ● AEC-Q200に準拠 ● 温度特性は150℃まで対応 TDK㈱(社長:石黒 成直)は、チップバリスタの車載向けラインアップを拡大したことを発表します。AVRHシリーズは、最大許容回路電圧19V~70V、静電容量範囲 4.7pF~50pFで設...