検索結果

「#アンリツ」の検索結果

5G MIMO OTA自動車試験システムを中国国家研究機関CICVが採用【アンリツ】

2021年11月12日    5G MIMO OTA自動車試験システムを中国国家研究機関CICVが採用    アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、MIMO[※1]環境下におけるOTA[※2]自動車試験システムが、中国の国家研究機関であるChina Intelligent and Connected Vehicles (Beijing) Re...

Autotalks社とCellular-V2X向け計測ソリューションで協業【アンリツ】

2021年10月22日    Autotalks社とCellular-V2X向け計測ソリューションで協業    Autotalks社チップセットユーザーの製品品質と製造効率の向上を実現し、Cellular-V2Xの普及を促進 アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、アンリツのユニバーサルワイヤレステス...

世界初の車両向け5G OTA RF試験システムを実現【アンリツ】

2021年10月7日    世界初の車両向け5G OTA RF試験システムを実現    アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、トヨタ自動車株式会社さまのMVG[※1] OTA[※2]試験環境にラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000Aを導入し、車両向け5G OTA RF[※3]試験シス...

C-V2X PC5通信の機能評価ソリューションがCohda Wireless社製Evaluation Kitに対応【アンリツ】

2021年7月29日    C-V2X PC5通信の機能評価ソリューションがCohda Wireless社製Evaluation Kitに対応 車車間/路車間通信の評価を低コストで実現    アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、「LTE V2X PC5通信ソフトウェア MX725000A」が、新たにCohda Wireless...

クアルコムテクノロジーズ社との協業により、一つのテストシステムで5Gミリ波ビーム特性の評価を実現【アンリツ】

2019年4月22日 クアルコムテクノロジーズ社がミリ波ビーム試験システムとして、MT8000AとCATRチャンバを採用 アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、クアルコム社の子会社であるクアルコムテクノロジーズ社との協業により、同社の5GモデムであるSnapdragon™ X50および、自動計測ツールと連携し、ミリ波5Gモデム...

4チャネルオシロスコープを発売【アンリツ】

2019年3月20日 アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、オシロスコープとBERTを一体化したBERTWave™ MP2110Aに、4チャネルのサンプリングオシロスコープを搭載できるオプションを開発、販売を開始いたします。 このサンプリングオシロスコープは100GbEや400GbEなど光モジュール評価で必要とされるアイパターン解析...

手のひらサイズ、世界最小のミリ波用スペクトラムアナライザの販売を開始【アンリツ】

2017年2月16日 5G、E-bandなど高周波通信機器の測定を革新的に効率化 アンリツ㈱(橋本 裕一)は、ミリ波帯までカバーしたスペクトラムアナライザでは、世界最小となるスペクトラムマスタ MS2760Aファミリーを開発。2月16日より販売を開始します。 MS2760Aファミリーは、5G[※1]、E-band[※2]、IEEE802.11ad/WiGig[※3...

光通信用計測器で協業【テレダイン・レクロイ・ジャパン/アンリツ】

2015年4月1日 テレダイン・レクロイ・ジャパンとアンリツが光通信用計測器で協業 テレダイン・レクロイ・ジャパン㈱(代表取締役 原 直)とアンリツ㈱(社長 橋本 裕一)は、4月1日から光通信用計測器の販売で協業することをお知らせいたします。 今回の協業により、テレダイン・レクロイ・ジャ...

ベクトル信号発生器 MG3710Aの 販売を開始 【アンリツ】

2012年4月4日 1台の信号発生器で、最大4種類の信号出力を実現 アンリツ㈱(社長 橋本 裕一)は、信号発生器の新機種を開発。新たに、ベクトル信号発生器MG3710Aの販売を2012年4月4日から開始いたします。MG3710Aは、各種移動通信システム、無線LANシステム、デジタル放送システム、カーエレクトロニクスや公共・業務...

  • 1