検索結果

「#アンテナ」の検索結果

小型・高性能アンテナ「AN01シリーズ」の周波数帯域を拡張し、プライベートLTE、ローカル5Gに対応【日本航空電子工業】

2021年3月11日    小型・高性能アンテナ「AN01シリーズ」の周波数帯域を拡張し、 プライベートLTE、ローカル5Gに対応      左:1.9 GHz帯、12.5 mm x 7.25 mm 中央:3.3~3.8 GHz帯、12.5 mm x 7.25 mm 右:4.6~4.9 GHz帯、13 mm x 8.8 mm 日本航空...

ミリ波帯アンテナ向け 「ハロゲンフリー超低伝送損失多層基板材料」を製品化【パナソニック】

2021年2月25日 車載ミリ波レーダーや5G無線通信基地局向けの低伝送損失基板材料 ミリ波帯アンテナ向け 「ハロゲンフリー超低伝送損失多層基板材料」を製品化 アンテナの高機能化や基板製造時の加工費低減に貢献 パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社は、ミリ波帯[1]アンテナに適した...

ローデ・シュワルツとIHP社が、初めて6Gおよび車載レーダー向けOTA試験セットアップでDバンド周波数の 特性を評価【ローデ・シュワルツ】

2020年12月17日 学会や産業界の有力企業は、5Gより先の6Gモバイル通信や将来の車載レーダー・アプリケーションには、110~170 GHzのDバンドが有力な周波数候補であると考えています。ローデ・シュワルツもこの周波数 帯に重点を置いて、サブTHz帯の先駆的な研究を続けるなかで新たなマイルストーンに到達しました。IH...

小型・高性能アンテナ 「AN01 シリーズ」 を開発・販売開始【日本航空電子工業】

2020年12月3日 表面実装部品タイプのアンテナ 左︓2.4 GHz 帯、12.5 mm x 7.25 mm 中央︓2.4 & 5GHz 帯、13 mm x 8.8 mm 右︓920 MHz 帯、30 mm x 16.9 mm 日本航空電子工業は、アンテナ事業に参入し、最大90%以上の高い放射効率を実現しながら、一般的なダイポールアンテナ(*1)との比較で約5分の1サイ...

日本航空電子工業、NECの技術を活用し新たにアンテナ事業を開始

2020年12月3日    日本航空電子工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長:小野原勉、以下 日本航空電子工業)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下 NEC)の技術を活用した小型・高性能アンテナを事業化し、「WaveConnect™(ウェイブコネクト)」のブラ...

ヨコオとして初めて、GNSSアンテナをドローンメーカーに提供【ヨコオ】

2020年3月24日 ヨコオとして初めて、GNSSアンテナをドローンメーカーに提供~ 高精度で耐環境性能に優れたGNSSアンテナが、ドローン活用の発展に貢献 ~ 自動車アンテナメーカーの株式会社ヨコオ(本社:東京都北区、社長:徳間孝之)は、このたび、自動車メーカーにも採用されている耐環境性能に優れたGNSS(※...

5G 通信をはじめ各種の通信方式に対応した外付けアンテナ 6 製品を発表【日本モレックス】

2019年3月9日 2020年3月9日-世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李在薰)は、さまざまなワイヤレスおよびネットワーク機器に向けて、5G通信をはじめとした各種通信方式に対応した外付けアンテナ6製品を発表しました。モレック...

自動車用ガラスアンテナの開発体制をグローバル3極で構築【AGC】

2019年3月18日 自動車用ガラスアンテナの開発体制をグローバル3極で構築 ―IoT時代の“つながる”クルマに貢献― AGC(AGC株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は自動車用ガラスアンテナの開発拠点となる電波暗室をベルギー・ゴスリーに建設、本年3月15日に竣工しました。これは、ガラス業界初※の日米欧3極自動...

車載用途に向けて 4G、Wi-Fi、GPS を 1 台でカバーする IP66 規格に準拠した「3-in-1 外付けアンテナ」を発表【日本モレックス】

2019年1月7日 2019 年 1 月 7 日 – 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モ レックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、1台で4G、Wi-Fi、GPS信号をカバー する防水仕様の車載用「3-in-1 外付けアンテナ」を発表しました。 自動車用途に用いられ...

NEC、NTTドコモと5Gの実現に向けた高速移動環境における検証実験を開始【日本電気】

2018年11月19日 NECは、株式会社NTTドコモ(以下 NTTドコモ)と共同で、5Gのキーテクノロジーの1つである超多素子アンテナ(以下 Massive MIMOアンテナ)を搭載した5G基地局が、5G移動局の高速移動環境においても大容量・高速・高品質な通信を実現可能であることを検証する実験を開始しました。 実験では、5Gの商用周...