検索結果

「#アナライザ」の検索結果

8チャネル入力で世界最高クラスの確度と柔軟性を備えたパワーアナライザPW8001およびAC/DCカレントセンサCT6872, CT6873を発表【日置電機】

2021年9月1日    機器の小型化・高効率化開発に最適、 8チャネル入力で世界最高クラスの確度と柔軟性を備えた パワーアナライザPW8001およびAC/DCカレントセンサCT6872, CT6873を発表    HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:岡澤尊宏)は、このたび「パワ...

PD1500Aダイナミック・パワー・デバイス・アナライザ/ダブル・パルス・テスター用のカスタムGaNテストボードを発表【キーサイト・テクノロジー】

2021年6月2日    キーサイト、PD1500Aダイナミック・パワー・デバイス・アナライザ /ダブル・パルス・テスター用のカスタムGaNテストボードを発表   ワイドバンドギャップ半導体の測定の再現性を高め、信頼性の特性評価方法を提供し、 試作サイクルの削減と新製品の市場投入を加速...

業界初 PCI Express 5.0 対応の プロトコルアナライザSummit T54 を発表【テレダイン・ジャパン】

2019年6月26日 プロトコルアナライザの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイ (日本ではテレダイン・ジャパン株式会社、社長: 原 直 (はら ただし)) は、業界初となる次世代PCI Express (PCIe) 5.0対応のアナライザを発表しました。PCIe 5.0 はデータ転送速度において、既存のPCIe 4.0 に対して2倍(32GT/s) を...

車載イーサネットケーブルの周波数特性を低価格で測定 ミックスモード・マルチポート・ベクトルネットワークアナライザ「MMVNA」 の販売開始【東陽テクニカ】

2019年1月8日 ~AEM Singapore社と国内販売代理店契約締結~ 車載イーサネットケーブルの周波数特性を低価格で測定 ミックスモード・マルチポート・ベクトルネットワークアナライザ「MMVNA」 の販売開始  株式会社東陽テクニカ(本社︓東京都中央区、代表取締役社長︓五味 勝)は、最先端通信機器メー カーに提供す...

3月発売予定のパワーアナライザ PW3390 新燃費基準WLTPモードの性能評価試験が可能【日置電機】

2017年3月1日 HIOKI(日置電機㈱:長野県上田市、代表取締役社長:細谷和俊)はこのたび、パワーアナライザPW3390を発売いたします。新製品PW3390は新燃費規格WLTPモードの性能評価試験に対応した機能を搭載しています。当社従来製品(3390)を超える業界クラストップレベルの電力基本確度±0.09%を実現し、高確度な電力...

  • 1