検索結果

「#めっき」の検索結果

導電性合成ダイヤモンドを製造するDIAMは成長型中小企業等研究開発支援事業 (Go-Tech 事業) に採択されました。

2022年10月27日    導電性合成ダイヤモンドを製造するDIAMは成長型中小企業等研究開発支援事業 (Go-Tech 事業) に採択されました。 ~自動車の軽量化・電装化に必要な樹脂へのめっきを実現する環境負荷の低い循環型電解硫酸生成システムの開発~    松尾産業株式会社(本社:大...

新開発 メッキ塗装 インジウム.ミラーコーティングシステム【タクボエンジニアリング】

2022年10月13日    新開発 メッキ塗装 インジウム.ミラーコーティングシステム スプレーによるメッキ塗装の量産化を実現    今まで出来なかったスプレーによるメッキ塗装の量産をシステム化。 塗料メーカーとエンジニアリングメーカーとタッグを組み、メッキ塗装の量産可...

新漆黒めっきを開発 ~スポーティーな車のデザインを支える加飾技術~【豊田合成】

2022年2月4日    新漆黒めっきを開発 ~スポーティーな車のデザインを支える加飾技術~    豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)は、「光輝感」と「深みのある黒色」を両立させ、スポーティーなデザインを表現する新しいめっき技術(新漆黒めっき)を開発しま...

令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞【JFEスチール】

2021年4月6日 令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞~革新的雰囲気制御による溶融亜鉛めっき薄鋼板製造技術の開発~  このたび当社は「革新的雰囲気制御による溶融亜鉛めっき薄鋼板製造技術の開発」の成果が認められ、令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(※1)科学技術賞(...

平塚本社新ライン竣工式実施【マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン】

2020年11月26日 マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン株式会社(本社平塚市、代表取締役社長・ジュリアン・ベイショア)は表面処理用薬品を取り扱う材料メーカーとして全国の自動車部品メーカーと取引をしています。 平塚の施設では弊社インダストリアル・ソリューションズ事業部が主...

高潤滑自動車用GI鋼板 『GI JAZ®』 を開発~自動車用溶融亜鉛めっき鋼板のプレス成形性を飛躍的に向上~ 【JFEスチール】

2018年2月15日 高潤滑自動車用GI鋼板 『GI JAZ®』 を開発 ~自動車用溶融亜鉛めっき鋼板のプレス成形性を飛躍的に向上~ 当社はこのたび、欧米系自動車メーカー向けに、プレス成形性を飛躍的に向上させた高潤滑自動車用溶融亜鉛めっき(GI)鋼板(※1)『GI JAZ』を開発し、西日本製鉄所において営業生産を開始しまし...

樹脂めっきにおける前処理と下地層形成を真空下で行える環境負荷を抑えた新技術を開発【島津製作所】

2017年10月19日 当社の高速スパッタリング装置 島津製作所は、ABSなどの樹脂基材に金属膜を形成する樹脂めっき工程において、高速スパッタリング装置を用い、基材表面の前処理や下地層の形成を真空下で行う環境負荷を抑えた新技術を開発しました。 従来の樹脂めっきは、前処理から下地層の形成までの工程で、環境負荷...

自動車端子向け耐熱低挿入力Cu-Snめっき材を開発【古河電気工業】

2017年3月3日 自動車端子向け耐熱低挿入力Cu-Snめっき材を開発〜耐熱性を維持しつつ更なる低挿入力を実現、ワイヤハーネス用の端子に最適〜 当社は、自動車ワイヤハーネス用の小型コネクタ端子の接点材料(端子材料)として、耐熱性と低挿入力性を両立した耐熱低挿入力Cu-Snめっきを開発しました。 本めっきは表層に...

特殊めっきを開発、自動車市場へ本格投入【KANZACC】

2015年4月17日 特殊めっきを開発、自動車市場へ本格投入〜耐摩耗性が大幅向上した銀系特殊めっきの開発に成功〜 古河電工グループの㈱KANZACC(本社:大阪市、社長:石橋久和、以下当社)は、耐摩耗性能を改善した「銀系特殊めっき」の開発に成功し、自動車市場へ本格投入します。この他にも当社は、各種めっき製品...

世界初、めっきに黒色感を加えた「漆黒めっき」を開発【豊田合成】

2014年10月28日 レクサスRC Fのラジエータグリルに採用世界初、めっきに黒色感を加えた「漆黒めっき」を開発 豊田合成㈱(本社:愛知県清須市、社長:荒島 正)は、めっきの有する金属の光輝感に艶やかな黒色感を追加した新しい樹脂めっき技術「漆黒めっき」を世界で初めて※1開発しました。 〔※1 : 2014年10月時点、...